褒めるときに意識すること

褒めるときに意識すること❷

2020/09/07

自己肯定感とは、『生きている価値があると思える気持ち』を言います。

 

言い換えると、自己肯定感とは、勉強ができる、スポーツができると言った能力に対する自信ではなく、「自分という存在」に対する自信を意味します。

 

「自分は生きていていいんだ。存在していていいんだ」と普通に思えることが、非常に大切です。

 

その自己肯定感という観点から考えると、結果だけに注目して褒めるのは良くありません。

 

「英語が満点ですごい。数学も90点でよく頑張った!」と結果だけに注目して褒め続けた場合、『結果を出す自分はOK。出せない自分はダメ』という価値観が育ってしまいます。

 

言い換えると、『結果を出せなければ意味がない。そんな自分は価値がない人間だ』と、自分を追い込みやすい傾向が出てきやすいです。

 

そのため、結果が出ているうちは調子が良いのですが、ひとたび結果が出なくなった途端に大きな不安に襲われてしまうのです。

 

では、どのように褒めれば良いのでしょうか?

 

続く。

 

褒めるときに意識すること❶

2020/09/04

9月に入り数日経過しました。

 

例年、9月と言えば二学期が始まる時期ですが、今年は夏休みが短かったため、新学期が始まって、すでに二週間ほど経過している学校もあります。

 

二学期が始まってまもなく、ほとんどの中学校では、夏休み明け恒例の確認テストがありました。

 

そんな中で、答案用紙が返された後、結果が良かった生徒は積極的に報告をしてくれます。当然ながら嬉しそうです。

 

得意満面に笑みを浮かべて、「数学が90点で、英語が満点だったよ」と報告してくれる生徒。

 

そんな時に、どんな言葉をかけるでしょうか?

 

例えば、「英語が満点とはすごいね。数学も90点で、よく頑張った!」と声をかけて、結果を大いに褒めるかもしれません。

 

あるいは、「英語は満点で良かったけど、数学でも満点取れるように、次回もっとがんばれよ」と声をかけて、さらなる高みを望む言葉がけもあるでしょう。

 

確かに、たくさん褒めたりすること、励ましたりすることは次のやる気に繋がります。

 

ところが、その一方で、褒め方や励まし方によっては生徒を追い込んでしまい、自己肯定感を低めてしまう危険性もあります。

 

続く。

 

カテゴリー別アーカイブ

吐露カフェ メイクフレンズ みんなの家庭教師とは みんなのQ&A