活動報告

私立高校のご紹介➓ 金沢工業高等専門学校

2016/07/30

今回は「金沢工業高等専門学校」をご紹介します。

 

学科は、電気電子工学科、機械工学科、グローバル情報学科があり、それぞれ定員40名です。

 

金沢高専は、以前から語学に力を入れている学校ですが、現在は教師の約3分の1が外国人講師であり、語学だけでなく理数科目の英語授業も取り入れています。昨年発表された「白山キャンパス構想」に向けて、3つの学科全てにおいて、いっそうのグローバル化が進んでいます。

 

入試は推薦入試と一般入試があります。一般入試には併願もあるので、合格後に公立高校も受験可能です。

 

一般入試の出題範囲に関しては、国語は現代文のみ、理科は1分野(物理・化学)のみです。ただし、「化学変化とエネルギー」と「科学技術と人間」は出題されません。英語は中学校で学ぶ全学習範囲です。数学は計算問題中心で、「円の性質」と「標本調査」は出題されませんが、「三平方の定理」は入ります。社会はありません。4教科400点満点の試験となります。その他に面接があります。

 

優遇措置として、英検・漢検・数検が加点材料になります。ただし、加点される点数は非公表です。

 

奨学金制度は、金沢高専独自の「就学奨励金(リーダーシップアワード)」があります。

 

その他の情報としては、金沢高専は、基本的には就職するための学校ですが、大学に進学する生徒(3年生から編入)が約3割います。

 

また、「工業系の学校にもかかわらず、語学習得者が多いこと」が優位性としてあげられます。

 
◎体験入学は、8月19日・20日の2日間です!

 

 

image

メイクフレンズ

カテゴリー別アーカイブ

メイクフレンズ みんなの家庭教師とは みんなのQ&A