〝いま聞きたい人〟

〝いま聞きたい人〟『アットマーク国際高等学校 教諭 田村由佳さん』【完全版】

2017/01/02

今回の〝いま聞きたい人〟は、アットマーク国際高等学校教諭、田村由佳さんです。

 

アットマーク国際高等学校は通信制の高等学校として、平成16年9月末に開校しました。現在、金沢中央キャンパスの他に、東京都に品川キャンパス、拝島キャンパスがあります。金沢中央キャンパスは、金沢駅から徒歩約15分、多くの観光客で賑わう金沢市の中心部に位置しています。

 

今回のインタビューを通して、アットマーク国際高等学校の特徴や魅力、田村先生御自身に関して興味深いお話を伺うことができました。

 

 

ーーアットマーク国際高等学校とは、どんな学校ですか?

 

 田村先生  さまざまな色をまとった生徒が集まり、それらの色をお互いに認め合い、心地よく過ごせる学校です。このアットマークという温かい土壌で、生徒一人一人が成長し、さまざまな色の花を咲かすことができるように、教職員全員が生徒目線に立って、丁寧にサポートしています。

 

ーーそうなんですね。生徒さんにとって、温かい雰囲気の中で、一人一人の目線に立ってサポートして頂けることは、本当に心強いと思います。

 

田村先生  本当に様々な生徒さんがいらっしゃいますが、一人一人の気持ちに寄り添い、丁寧に話を聴くことを第一に心がけています。

 

ーーアットマークに来られる生徒さんについて教えて頂けますか?

 

田村先生  様々な事情が原因で、全日制高校で自分の力を発揮できなかったり、多くの制約の下にストレスを感じて苦しんでいた生徒さん達が、新しい居場所を求めてアットマークにやって来ることが多いように感じます。

 

ーー中学時代や高校時代に、不登校だった生徒さん達も多くいらっしゃると思いますが、生徒全員がアットマーク高校を卒業されていくのでしょうか?

 

田村先生  特別な事情がない限りは、ほとんど全員が卒業しています。例えば、過去にどうしても調子が悪くなってしまい、休学された生徒さんはいらっしゃいましたが、その後復帰して卒業していきました。

 

ーーそうなんですね、それは安心です!

 

img_9602

 

ーー全日制高校の場合、出席日数やテストの成績が進級や卒業の評価基準になりますが、アットマークでは進級や卒業をするために、何をする必要がありますか?

 

田村先生  義務的な登校(出席)は、年に3日と国内最少です。その他に、インターネットでの授業視聴やレポート提出があります。

 

ーー年に3日の出席というのは、不登校だった生徒さんにとって負担が少ないです。主に自宅で勉強したい方には非常に嬉しいですね。

 

田村先生  そうだと思います。あと、付け加えて言うならば、それぞれの履修科目ごとに「いかに自分がよく学んだか」を学習成果物として表す、『ポートフォリオ学習・評価』を取り入れています。

 

ーー『ポートフォリオ学習・評価』について、具体例をあげて説明して頂けますか?

 

田村先生  例えば、調べ学習が得意な生徒は、課題レポートを書き上げます。また、創作活動が得意な生徒は、作品や制作物を創ります。あるいは、大学進学を考え、学力を追求したい生徒は、模擬試験や英検・漢検などの検定試験を受験するということも、立派な学習成果物になります。

 

ーーとても興味深いです。全日制高校であれば、定期テストの成績と出席日数が共通の評価基準になると思います。一方で、アットマークは、生徒それぞれの得意分野や興味のあることを大切にして、生徒の意欲を引き出し、それを評価しているんですね。

 

田村先生  はい。校長の日野は、アットマーク高校を創立する前に、アメリカの通信制高校を何度も繰り返し視察に訪れたそうです。そこで、『ポートフォリオ学習・評価』を取り入れた学校を見て、その素晴らしさに強烈な印象を受けたことがきっかけになっています。

 

ーーそのような経緯があったんですね。確かに、そのような学習評価を取り入れている点からも、先ほど田村先生が言われたように、生徒それぞれの色を、学校全体で認め合っていると感じます。

 

田村先生  ありがとうございます。

 

ーー次に、学校行事に関して伺いたいです。修学旅行はあるのですか?

 

田村先生  年に一度の研修旅行を実施しています。一泊二日の短い旅行ですが、コンパクトな旅行なので参加しやすいと思います。宿泊も個室なので、旅行中も一人の時間を確保できます。あと、研修旅行は強制ではありません。行きたい人だけが参加する形です。

 

 ーー確かに、一泊二日の短い旅行ならば、毎年気軽に参加できそうです。ちなみに、今年はどこへ行かれましたか?

 

田村先生  今年は、岐阜・名古屋へ行ってきました。過去には、奈良や神戸、京都や大阪などの関西地方にも行きました。自然や歴史、文化に触れ合うことを目的に行き先を選定しています。

 

 ーー他には、どんな行事がありますか?

 

田村先生  最近でいえば、このキャンパス内で、生徒主催のゲーム大会が数回おこなわれました。とても盛り上がりました。

 

 ーーゲームというのは、どんな種類のゲームですか?

 

田村先生  最近はカードゲームをしました。ゲームを通して、みんなでワイワイ言い合えるので、会話しやすい雰囲気になります。

 

ーーアナログゲームの良い所ですね。ゲームをしながら会話も弾んで、ゲーム大会終了後は、もっと仲良くなれそうです。近年、一人でスマホに触れる時間が長くなりがちですし、こうした時間の過ごし方は本当に貴重です。

 

田村先生  そうだと思います。カードゲームなどには、テレビ・スマホゲームとは全く違う良さがあります。それらをもっと活用していきたいですね。

 

ーー 次に、田村先生ご自身について伺いたいです。お休みの日は、どんなことをされていますか?

 

田村先生  子供とお出かけをしたり、読書をしながら家でのんびりすることが多いです。家の周辺を散歩するのも好きです。

 

img_9680

 

ーー現在、アットマーク高校で指導されていますが、なぜ「教える仕事」に就かれたのですか?

 

田村先生  学生時代、私の家庭環境があまり良くなかったこともあり、学校という場所が大好きでした。先生が勉強を教えてくれたり、友達とおしゃべりできる学校が、私にとって非常に居心地の良い空間だったんです。

 

ーー学生時代の田村先生が、自分らしく過ごせる場所が「学校」だったのですね。

 

田村先生  はい。自分らしく過ごせる場所で働きたいと思いました。現在、このアットマーク高校で教師として、教えることに加えて、多くの生徒たちと話す時間を楽しんでいます。もちろん、「こんな時、どうすれば良いのか?」と悩んだりすることもあります。それでも、年を重ねるにつれて多くの経験をして、「この仕事を選んで良かった」と思えるようになりました。

 

ーー高校生にとって、気軽に雑談をしたり、悩みを相談しやすい田村先生が学校にいることは、本当に心強いですね。特に、不登校だった生徒さんも通うアットマーク高校にとっては、なくてはならない存在だと思います。

 

田村先生  ありがとうございます。

 

ーー今までに指導された中で、嬉しかったことや印象に残ったことを教えて頂けますか?

 

田村先生  一つは、暗い顔で登校してきた生徒に話しかけて、少し雑談しただけなのに、明るい表情に変わった時は本当に嬉しく思いました。

 

ーーそういう細やかな気配りができる先生がいると、生徒たちも快適に勉強できますし、親御さんも安心だと思います。他にはありますか?

 

田村先生  生徒一人一人の能力です。「こんなに凄いことができるのか!こんなにエネルギーがあるのか!」と驚かされる瞬間があります。

 

ーー実は、生徒一人一人に眠っていた能力があったのですね。アットマーク高校だからこそ、開く花があるということでしょう。

 

田村先生  そうだと嬉しいです。それに気付くことができて、大変幸せに感じます。

 

ーーふだん、生徒さんと接する時に、特に気を付けていらっしゃることはありますか?

 
田村先生  特別に生徒の時だけでなく、接する全ての人に対して、まずは「相手を肯定するところから始めよう」という信条で接しています。

 

ーー「相手を肯定する」というのは、つまり「相手の意見や存在を大切にする、尊重する」ということですか?

 

田村先生  その通りです。アットマーク高校に入学するまでの過程で、自信をなくしている生徒も少なからずいます。当然、自分自身を否定したり、多くのストレスを感じている場合があります。そのような生徒と会話をする時、「頑張れ!」や「乗り越えろ!」だけを伝えても、なかなか心に響きません。まずは、「そのままでいいんだよ」と肯定するようにしています。

 

ーー先生に肯定してもらえることで、とても嬉しいでしょうし、安心するでしょう。そこから、新たな意欲が生まれてくると思います。

 

田村先生  そうですね。もちろん、元気でエネルギーあふれる生徒には「頑張ってね!」も伝えたり、発破をかけたりすることで、さらに意欲が高まると思います。生徒それぞれの表情などで状態を見極めて、その時にふさわしい言葉がけをしたいです。

 

ーーこの仕事をされていて、どんな時にやりがいを感じますか?

 

田村先生  生徒が本気の悩みや主張をぶつけてくれて、一人の人間として互いに語り合える時です。あとは、生徒から「先生に話をしたらスッキリした」と言われた時です。

 

ーーそんなふうに大切な話をしてくれるのは、生徒から必要とされ、信頼されているからだと思います。非常にありがたいですね。

 

田村先生  はい、本当に嬉しいですし、やりがいを感じます。

 

ーー最後になりますが、アットマーク高校に関心を持たれている生徒や親御さんに向けて、メッセージをお願いします。

 

田村先生  もし、生徒さんが、ほんの少しでもアットマークに興味を持たれているならば、ぜひ一度見学にいらっしゃってください。全日制高校で自分の力が発揮できていないように感じたり、新しい学び場を探しておられる方に、ぜひお会いしたいです。アットマークは、それぞれの都合や希望に合わせて、どんな形でも受け入れ可能です。ここでしか会うことができない仲間や先生と多くのことを共有し、ともに成長していきましょう。よろしくお願いします。

 

ーー今日は長い時間を頂き、本当にありがとうございました。

 

(聞き手・工藤拓哉)
img_9455

インタビューにご協力頂いた田村由佳 先生

〝いま聞きたい人〟『アットマーク国際高等学校 教諭 田村由佳さん』❺

2016/10/23

ーーふだん、生徒さんと接する時に、特に気を付けていらっしゃることはありますか?

 

田村先生  特別に生徒の時だけでなく、接する全ての人に対して、まずは「相手を肯定するところから始めよう」という信条で接しています。

 

ーー「相手を肯定する」というのは、つまり「相手の意見や存在を大切にする、尊重する」ということですか?

 

田村先生  その通りです。アットマーク高校に入学するまでの過程で、自信をなくしている生徒も少なからずいます。当然、自分自身を否定したり、多くのストレスを感じている場合があります。そのような生徒と会話をする時、「頑張れ!」や「乗り越えろ!」だけを伝えても、なかなか心に響きません。まずは、「そのままでいいんだよ」と肯定するようにしています。

 

ーー先生に肯定してもらえることで、とても嬉しいでしょうし、安心するでしょう。そこから、新たな意欲が生まれてくると思います。

 

田村先生  そうですね。もちろん、元気でエネルギーあふれる生徒には「頑張ってね!」も伝えたり、発破をかけたりすることで、さらに意欲が高まると思います。生徒それぞれの表情などで状態を見極めて、その時にふさわしい言葉がけをしたいです。

 

ーーこの仕事をされていて、どんな時にやりがいを感じますか?

 

田村先生  生徒が本気の悩みや主張をぶつけてくれて、一人の人間として互いに語り合える時です。あとは、生徒から「先生に話をしたらスッキリした」と言われた時です。

 

ーーそんなふうに大切な話をしてくれるのは、生徒から必要とされ、信頼されているからだと思います。非常にありがたいですね。

 

田村先生  はい、本当に嬉しいですし、やりがいを感じます。

 

ーー最後になりますが、アットマーク高校に関心を持たれている生徒や親御さんに向けて、メッセージをお願いします。

 

田村先生  もし、生徒さんが、ほんの少しでもアットマークに興味を持たれているならば、ぜひ一度見学にいらっしゃってください。全日制高校で自分の力が発揮できていないように感じたり、新しい学び場を探しておられる方に、ぜひお会いしたいです。アットマークは、それぞれの都合や希望に合わせて、どんな形でも受け入れ可能です。ここでしか会うことができない仲間や先生と多くのことを共有し、ともに成長していきましょう。よろしくお願いします。

 

ーー今日は長い時間を頂き、本当にありがとうございました。

 

(聞き手・工藤拓哉)

 

img_9680

〝いま聞きたい人〟『アットマーク国際高等学校 教諭 田村由佳さん』❹

2016/10/22

ーー現在、アットマーク高校で指導されていますが、なぜ「教える仕事」に就かれたのですか?

 

田村先生  学生時代、私の家庭環境があまり良くなかったこともあり、学校という場所が大好きでした。先生が勉強を教えてくれたり、友達とおしゃべりできる学校が、私にとって非常に居心地の良い空間だったんです。

 

ーー学生時代の田村先生が、自分らしく過ごせる場所が「学校」だったのですね。

 

田村先生  はい。自分らしく過ごせる場所で働きたいと思いました。現在、このアットマーク高校で教師として、教えることに加えて、多くの生徒たちと話す時間を楽しんでいます。もちろん、「こんな時、どうすれば良いのか?」と悩んだりすることもあります。それでも、年を重ねるにつれて多くの経験をして、「この仕事を選んで良かった」と思えるようになりました。

 

ーー高校生にとって、気軽に雑談をしたり、悩みを相談しやすい田村先生が学校にいることは、本当に心強いですね。特に、不登校だった生徒さんも通うアットマーク高校にとっては、なくてはならない存在だと思います。

 

田村先生  ありがとうございます。

 

ーー今までに指導された中で、嬉しかったことや印象に残ったことを教えて頂けますか?

 

田村先生  一つは、暗い顔で登校してきた生徒に話しかけて、少し雑談しただけなのに、明るい表情に変わった時は本当に嬉しく思いました。

 

ーーそういう細やかな気配りができる先生がいると、生徒たちも快適に勉強できますし、親御さんも安心だと思います。他にはありますか?

 

田村先生  生徒一人一人の能力です。「こんなに凄いことができるのか!こんなにエネルギーがあるのか!」と驚かされる瞬間があります。

 

ーー実は、生徒一人一人に眠っていた能力があったのですね。アットマーク高校だからこそ、開く花があるということでしょう。

 

田村先生  そうだと嬉しいです。それに気付くことができて、大変幸せに感じます。

 

続く。

〝いま聞きたい人〟『アットマーク国際高等学校 教諭 田村由佳さん』❸

2016/10/21

ーー次に、学校行事に関して伺いたいです。修学旅行はあるのですか?

 

田村先生  年に一度の研修旅行を実施しています。一泊二日の短い旅行ですが、コンパクトな旅行なので参加しやすいと思います。宿泊も個室なので、旅行中も一人の時間を確保できます。あと、研修旅行は強制ではありません。行きたい人だけが参加する形です。

 

ーー確かに、一泊二日の短い旅行ならば、毎年気軽に参加できそうです。ちなみに、今年はどこへ行かれましたか?

 

田村先生  今年は、岐阜・名古屋へ行ってきました。過去には、奈良や神戸、京都や大阪などの関西地方にも行きました。自然や歴史、文化に触れ合うことを目的に行き先を選定しています。

 

ーー他には、どんな行事がありますか?

 

田村先生  最近でいえば、このキャンパス内で、生徒主催のゲーム大会が数回おこなわれました。とても盛り上がりました。

 

ーーゲームというのは、どんな種類のゲームですか?

 

田村先生  最近はカードゲームをしました。ゲームを通して、みんなでワイワイ言い合えるので、会話しやすい雰囲気になります。

 

ーーアナログゲームの良い所ですね。ゲームをしながら会話も弾んで、ゲーム大会終了後は、もっと仲良くなれそうです。近年、一人でスマホに触れる時間が長くなりがちですし、こうした時間の過ごし方は本当に貴重です。

 

田村先生  そうだと思います。カードゲームなどには、テレビ・スマホゲームとは全く違う良さがあります。それらをもっと活用していきたいですね。

 

ーー次に、田村先生ご自身について伺いたいです。お休みの日は、どんなことをされていますか?

 

田村先生  子供とお出かけをしたり、読書をしながら家でのんびりすることが多いです。家の周辺を散歩するのも好きです。

 

続く。

〝いま聞きたい人〟『アットマーク国際高等学校 教諭 田村由佳さん』❷

2016/10/20

ーー全日制高校の場合、出席日数やテストの成績が進級や卒業の評価基準になりますが、アットマークでは進級や卒業をするために、何をする必要がありますか?


田村先生  義務的な登校(出席)は、年に3日と国内最少です。その他に、インターネットでの授業視聴やレポート提出があります。

 

ーー年に3日の出席というのは、不登校だった生徒さんにとって負担が少ないです。主に自宅で勉強したい方には非常に嬉しいですね。


田村先生  そうだと思います。あと、付け加えて言うならば、それぞれの履修科目ごとに「いかに自分がよく学んだか」を学習成果物として表す、『ポートフォリオ学習・評価』を取り入れています。

 

ーー『ポートフォリオ学習・評価』について、具体例をあげて説明して頂けますか?


田村先生  例えば、調べ学習が得意な生徒は、課題レポートを書き上げます。また、創作活動が得意な生徒は、作品や制作物を創ります。あるいは、大学進学を考え、学力を追求したい生徒は、模擬試験や英検・漢検などの検定試験を受験するということも、立派な学習成果物になります。

 

ーーとても興味深いです。全日制高校であれば、定期テストの成績と出席日数が共通の評価基準になると思います。一方で、アットマークは、生徒それぞれの得意分野や興味のあることを大切にして、生徒の意欲を引き出し、それを評価しているんですね。


田村先生  はい。校長の日野は、アットマーク高校を創立する前に、アメリカの通信制高校を何度も繰り返し視察に訪れたそうです。そこで、『ポートフォリオ学習・評価』を取り入れた学校を見て、その素晴らしさに強烈な印象を受けたことがきっかけになっています。

 

ーーそのような経緯があったんですね。確かに、そのような学習評価を取り入れている点からも、先ほど田村先生が言われたように、生徒それぞれの色を、学校全体で認め合っていると感じます。


田村先生  ありがとうございます。

 

続く。

〝いま聞きたい人〟『アットマーク国際高等学校 教諭 田村由佳さん』❶

2016/10/19

今回の〝いま聞きたい人〟は、アットマーク国際高等学校教諭、田村由佳さんです。

 

アットマーク国際高等学校は通信制の高等学校として、平成16年9月末に開校しました。現在、金沢中央キャンパスの他に、東京都に品川キャンパス、拝島キャンパスがあります。金沢中央キャンパスは、金沢駅から徒歩約15分、多くの観光客で賑わう金沢市の中心部に位置しています。

 

今回のインタビューを通して、アットマーク国際高等学校の特徴や魅力、田村先生御自身に関して興味深いお話を伺うことができました。

 

 

ーーアットマーク国際高等学校とは、どんな学校ですか?

 

田村先生  さまざまな色をまとった生徒が集まり、それらの色をお互いに認め合い、心地よく過ごせる学校です。このアットマークという温かい土壌で、生徒一人一人が成長し、さまざまな色の花を咲かすことができるように、教職員全員が生徒目線に立って、丁寧にサポートしています。

 

ーーそうなんですね。生徒さんにとって、温かい雰囲気の中で、一人一人の目線に立ってサポートして頂けることは、本当に心強いと思います。

 

田村先生  本当に様々な生徒さんがいらっしゃいますが、一人一人の気持ちに寄り添い、丁寧に話を聴くことを第一に心がけています。

 

ーーアットマークに来られる生徒さんについて教えて頂けますか?

 

田村先生  様々な事情が原因で、全日制高校で自分の力を発揮できなかったり、多くの制約の下にストレスを感じて苦しんでいた生徒さん達が、新しい居場所を求めてアットマークにやって来ることが多いように感じます。

 

ーー中学時代や高校時代に、不登校だった生徒さん達も多くいらっしゃると思いますが、生徒全員がアットマーク高校を卒業されていくのでしょうか?

 

田村先生  特別な事情がない限りは、ほとんど全員が卒業しています。例えば、過去にどうしても調子が悪くなってしまい、休学された生徒さんはいらっしゃいましたが、その後復帰して卒業していきました。

 

ーーそうなんですね、それは安心です!

 

続く。

 

img_9455

〝今聞きたい人〟『ワンネススクール 中村広太郎さん』【完全版】

2016/07/27

今回の〝今聞きたい人〟は、石川県金沢市にあるフリースクール、「ワンネススクール」の中村広太郎さんです。1999年4月にサマースクールとして開校されたワンネススクールは、以来17年間の歴史をもつフリースクールです。

 

今回のインタビューを通して、ワンネススクールの魅力や中村さん御自身について、大変興味深いお話を伺うことが出来ました。

 

 

ーーまず、ワンネススクールについて伺いたいです。どんな場所ですか?

 

中村さん  いろいろな世代の人たちが、様々な事を経験し成長するために集まる場所です。のんびりした雰囲気で、優しく穏やかな人が多いです。

 

ーー他の学校と、どんなふうに違うんでしょうか?

 

中村さん  一般の中学や高校では、数学や国語、英語などの教科学習が中心ですが、ワンネスではそうではありません。

 

ーー教科学習が中心ではないんですね。

 

中村さん  はい。校舎は金沢市と白山市(旧鳥越村)にあり、週一度の鳥越校舎での学習は、自然との触れ合いを重視しています。春はお花見や畑の作業、夏は夏合宿や畑作業、秋は稲刈りやお祭り、冬はマキストーブを囲んでまったりしたり、ひたすら雪かきをしたり、季節にそった活動を行っています。

 

ーー自然と触れ合う活動が多いんですね。

 

中村さん  そうです。都市部や部屋の中では決してできない体験をすることによって、自然と体力がつき、体調不良が続いていた人もいつの間にか元気になっていたりします。人が地球の中で生きているということを肌で感じ、匂い、味わうことができるんです。

 

ーーそれは楽しそうですね。ワンネススクールでないと味わえない体験です。

 

中村さん  その通りです。農業実習の他にも、料理体験や写真や音楽、演劇やボードゲームなどの芸術活動、ボランティア活動やスポーツなども行なっています。

 

ーー様々なことを体験できるんですね。それらを通して、好きなこと、やりたいことを見つけられる生徒さんはいらっしゃいますか?

 

中村さん  たくさんいます。ワンネススクールは、これから何かやりたいこと、好きなことを見つけたい人にとって、その第一歩を踏み出しやすい場所です。私たちスタッフは、そんな人達をとことん応援しています。

 

ーーワンネスには優しい人達が多いから、どんな人でも安心して、好きなこと探しへの第一歩を踏み出しやすいのですね。

 

中村さん  ありがとうございます。そこは、ワンネスの大きな魅力の一つです!

 

ーー次に、中村さんご自身について伺いたいと思います。まず、ワンネススクールのスタッフになった経緯について教えて頂けますか?

 

中村さん  私は、前職は料理人&接客業でした。ちょうど前職を辞めた時に、知人を通してワンネススクールを初めて知りました。

 

ーーそれまでは、ワンネススクールについて、全くご存知なかったんですか?

 

中村さん  4年前まで、本当に全く知りませんでした。私のことをよく知るその知人は、私がワンネスにふさわしい人材であると思ったらしいのです。

 

ーーなぜ、その方は、中村さんがワンネススクールにふさわしい人材だと思われたのですか?

 

中村さん  私は、阪神大震災で被災したことがきっかけで金沢に引っ越して来ました。その時に、うまくなじめなかったことが原因で、2年間不登校を経験したんです。当時のワンネスのスタッフには、不登校経験者がいなかったので、「不登校を自ら語れるスタッフとして私が適任なのではないか」ということでした。

 

ーーそうだったんですね。確かに、中村さんご自身が不登校を経験されたことは、この仕事をされるうえで大きな強みですね。

 

中村さん  本当にそう思います。不登校だった時は、これが強みになるなんて考えられませんでした。「不登校=弱み」としか思っていなかったですから。

 

ーー「弱み」が「強み」に変わるというのは興味深いです。自己肯定感という点で考えると、弱みが強みに変わった瞬間から、ありのままの自分で生きられる気がします。

 

中村さん  本当にそうですね。過去にこういった経験もありました。実は、私はもともと人見知りで、他人の言動に非常に敏感なんです。そんな私が、先ほど申したように接客業という仕事をしていました。

 

ーー「人見知り」と「接客業」って、適性で考えると、なんとなく合わないと感じるのですが。。。

 

中村さん  私も最初はそう思いました。でも、実際に働いてみると、人見知りで敏感という気質が役に立ったんです。

 

ーーどんなふうに役に立ったのですか?

 

中村さん  私が働いていた店は、お客さんが店員を呼ぶためのボタンを設置していませんでした。そのため、お客さんの微妙な表情の変化やしぐさで、店員を呼びたいかどうかを常に察知する必要がありました。私の敏感で繊細な部分が、それを察知するのにとても好都合だったんです。

 

ーーなるほど。店員を呼びたい時、タイミング良く来てくれないと、お客さんにとってストレスですよね。中村さんのような店員さんがいれば、安心感を持てるお店になりそうですね。

 

中村さん  そうだと思います。料理の味はもちろん大切ですが、接客もかなり重要ですから。敏感な部分は、生きにくさにもつながるかもしれませんが、こんなふうに役立つこともあるんです。

 

ーー「敏感で感受性が強い」という部分は、不登校の生徒さんに比較的多いと言われるのですが、そんなふうに弱みが強みになるんですね。「敏感さ・感受性の強さ」の生きる仕事は、きっと他にもあるでしょうね。

 

中村さん  きっとあると思いますよ。

 

ーー今までの4年間で、嬉しかったことや印象に残ったことは何ですか?

 

中村さん  元気になった子がいるのを感じれると、本当に嬉しいですね。私たちは、特別なことをしていないのに、勝手に生き生きし出して、ステップアップしていくんです。

 

ーーワンネススクールという場所で、様々な人間に出会い、自然に触れたおかげで、人間にもともと備わっている回復し立ち直る機能が働き出したのかもしれません。

 

中村さん  はい。すっかり元気になってワンネスを通過していき、次の場所で活躍している話を聞くと最高に嬉しいです。

 

ーーワンネススクールがきっかけとなり、社会に出て活躍されている卒業生がたくさんいるんですね。とても頼もしく感じます。

 

中村さん  彼らが活躍している姿を想像すると、本当に幸せな気分になります。

 

ーー毎日、生徒さんと関わる時に、特に意識していることは何ですか?

 

中村さん  一人一人の良い所探しです。ほめることで自尊心を高めたいんです。

 

ーーどんな点に注意してほめていますか?

 

中村さん  第一に、嘘ではないことです。当たり前ですが、嘘だったり、わざとらしいほめ方はバレてしまいますし、不信感を抱かせるので、余計に関係が悪化してしまいます。

 

ーー生徒さんは、嘘には敏感に反応しますからね。他にはありますか?

 

中村さん  もう一つは、「たぶん今までほめてもらってないだろうなぁ」という所を見つけて、ほめたいと考えています。

 

ーー未開拓の部分に焦点を合わせようとするんですね。大変そうですが、面白い試みです。生徒さんにとっては、ほめられることで自分の強みに気づきますし、結果的に自己肯定感も高まりますね。

 

中村さん  その通りだと思います。

 

ーー家庭教師もそうですが、第三者でないと気づかない所が必ずあると思います。家族だと近すぎて見えにくくなっているんですね。そういう、まだ掘り起こされていない長所を見つけて、ほめて、気づかせて、自己肯定感を高めることが中村さんの役割なんですね。

 

中村さん  はい、それを意識しています。さらに、もう一つ気をつけていることは、全体を見て場のバランスをとるようにしています。

 

ーー全体を見てバランスをとる?

 

中村さん  はい。例えば、生徒が多くいて騒がしい状況の中に、誰とも口を聞かず、ぽつんと一人でいる生徒に対しては、意識的に声をかけます。一方で、あえてそっとしておく場合もあるのですが。

 

ーー常に生徒全体を見て、一人一人の表情やしぐさで判断し、臨機応変に声をかけバランスをとれるのは、敏感な中村さんならではの特性ではないでしょうか?先ほどの接客の話に通じますね。

 

中村さん  本当ですね、接客業とフリースクールがつながりました。人生に無駄はありません(笑)

 

ーーフリースクールのスタッフとして、やりがいを感じるのはどんな時ですか?

 

中村さん  生徒と接していて、彼らのために貢献できていると感じられた時です。

 

ーーたくさんあると思いますが、例えばどんな時に貢献できていると感じられますか?

 

中村さん  私は、十代の時に「不幸の全部入り」とも言える時間を過ごしてきました。不登校の他にも、大病をわずらったり、家族に大きな問題を抱えていたり。だから、ワンネスに来られる生徒さんがどんな環境で過ごしてきた人でも、「大変だったね」と嘘偽りなく心の底から言えます。そんなふうに、生徒に共感できる時です。

 

ーー「不幸の全部入り」というのは、インパクトのある言葉ですね。確かに、経験した人の強みだと思います。中村さんだからこそ可能な〝共感〟ですね。

 

中村さん  私は、不登校を経験しましたし、勉強ができたわけでもないし、当然エリートでもありません。先ほど申したように、十代の時に手術をしなければならないほどの大きな病気をわずらい、家族の問題でも大変苦しみました。このフリースクールに来る生徒さん達も、それぞれにさまざまな問題を抱えています。そのため、私と彼らは非常に親和性が高いんです。親和性が高い私ならではの共感ができると信じています。

 

ーーなるほど。中村さんにとってワンネスは親和性が高く、「ありのままの自分を生かして働ける場所」なんですね。

 

中村さん  4年前、初めてワンネスを訪れた日の帰り際に、ワンネス代表の森に思わずこう言ったんです。「この場所に、このワンネススクールに居れるだけ居させてください」と。おそらく、私にとってワンネスは「自分らしく働くことができる場所」だと感じたのでしょう。

 

ーー今の話を聞いていて、「中村さんには、ワンネスに居れるだけ居てもらいたい」と思わず言いたくなりました(笑)

 

中村さん  ありがとうございます(笑)

 

ーーワンネススクールに行くことに対して、迷われている人に向けてのメッセージをお願いします。

 

中村さん  ここで、ワンネススクールの三大原則をお伝えします。「とりあえずやってみる!、損得で決めない!、失敗は笑って忘れる!」です。迷ったり悩んだりしている方は、とりあえず見学に来てください。考えると悩むは違います。考えるは進む力、悩むは止まる力です。ずっと悩んだりせず、とりあえず見学に来てから、また考えて頂きたいです。

 

ーー毎日通うことは難しくても、例えば週一回の参加からでも大丈夫ですか?

 

中村さん  はい、週一回の参加からでも大丈夫です。とにかく、気軽にご参加ください。

 

ーー最後になりますが、今後の目標について聞かせて頂けますか?

 

中村さん  現在、私は放送大学に通っています。当然、勉強したくて入学したので、大学を卒業することも一つの目的ですが、同時に別の目的もあります。

 

ーー別の目的とは?

 

中村さん  ワンネスに来ている生徒たちに、働きながら勉強している大人が身近にいるという効果を期待しているんです。「学生時代が終わって大人になっても、勉強する必要がある」ということを知ってもらいたいんです。勉強する大切さが生徒たちに伝わってくれたらと願っています。でも、働きながら勉強するって、思っていたより大変ですね(笑)今夜もこれから勉強です。

 

ーーそうなんですね、そこまで考えているなんて驚きました。

 

中村さん  もう一つ目標があります。それは、シェアハウスです。実は今、私自身もシェアハウスに住んでいるのですが、社会に一歩踏み出すことが難しい人向けに広めていきたいと考えています。

 

ーー具体的に、シェアハウスとはどんな場所なんですか?

 

中村さん  理念は「少しの豊かさと、心の平穏」です。家族ではない人たちが同じ屋根の下に暮らすことは、日々を暮らす中で、楽しいことばかりでなく当然ながら少しやっかいなことも出てくるでしょう。でも、そこでお互いが尊重し合うことを学びながら、暮らしやすくなるよう少しでも努力してくことによって、それぞれが成長するのだと思います。

 

ーーシェアハウス自体が、まるで小さな一つの社会のようですね。この小さな社会で他者と関わる機会を持ち、自立するためのきっかけをつかむことができそうです。

 

中村さん  はい。このシェアハウスが社会との架け橋になればと考えています。現在は、ここ一か所ですが、将来的には他の地域にもシェアハウスを広めていきたいです。

 

ーー非常に楽しみな試みですね。中村さんの目標が実現するように、応援しております。

 

中村さん  ありがとうございます!

 

ーー今日は長い時間を頂き、ありがとうございました。

 

(聞き手・工藤拓哉)

 

 

imageimage

〝今聞きたい人〟『ワンネススクール 中村広太郎さん』❺

2016/07/24

ーーワンネススクールに行くことに対して、迷われている人に向けてのメッセージをお願いします。


中村さん  ここで、ワンネススクールの三大原則をお伝えします。「とりあえずやってみる!、損得で決めない!、失敗は笑って忘れる!」です。迷ったり悩んだりしている方は、とりあえず見学に来てください。考えると悩むは違います。考えるは進む力、悩むは止まる力です。ずっと悩んだりせず、とりあえず見学に来てから、また考えて頂きたいです。

 

ーー毎日通うことは難しくても、例えば週一回の参加からでも大丈夫ですか?

 

中村さん  はい、週一回の参加からでも大丈夫です。とにかく、気軽にご参加ください。

 

ーー最後になりますが、今後の目標について聞かせて頂けますか?


中村さん  現在、私は放送大学に通っています。当然、勉強したくて入学したので、大学を卒業することも一つの目的ですが、同時に別の目的もあります。

 

ーー別の目的とは?


中村さん  ワンネスに来ている生徒たちに、働きながら勉強している大人が身近にいるという効果を期待しているんです。でも、働きながら勉強するって、思っていたより大変ですね(笑)今夜もこれから勉強です。

 

ーーそうなんですね、そこまで考えているなんて驚きました。


中村さん  もう一つ目標があります。それは、シェアハウスです。実は今、私自身もシェアハウスに住んでいるのですが、社会に一歩踏み出すことが難しい人向けに広めていきたいと考えています。

 

ーー具体的に、シェアハウスとはどんな場所なんですか?


中村さん  理念は「少しの豊かさと、心の平穏」です。家族ではない人たちが同じ屋根の下に暮らすことは、日々を暮らす中で、楽しいことばかりでなく当然ながら少しやっかいなことも出てくるでしょう。でも、そこでお互いが尊重し合うことを学びながら、暮らしやすくなるよう少しでも努力してくことによって、それぞれが成長するのだと思います。

 

ーーシェアハウス自体が、まるで小さな一つの社会のようですね。この小さな社会で他者と関わる機会を持ち、自立するためのきっかけをつかむことができそうです。


中村さん  はい。このシェアハウスが社会との架け橋になればと考えています。現在は、ここ一か所ですが、将来的には他の地域にもシェアハウスを広めていきたいです。

 

ーー非常に楽しみな試みですね。中村さんの目標が実現するように、応援しております。

 

中村さん  ありがとうございます!

 

ーー今日は長い時間を頂き、ありがとうございました。

 
(聞き手・工藤拓哉)

 

imageimageimageimageimage

 

金沢市久安5丁目にあるシェアハウスです。

〝今聞きたい人〟『ワンネススクール 中村広太郎さん』❹

2016/07/23

ーーフリースクールのスタッフとして、やりがいを感じるのはどんな時ですか?

 

中村さん  生徒と接していて、彼らのために貢献できていると感じられた時です。

 

ーーたくさんあると思いますが、例えばどんな時に貢献できていると感じられますか?

 

中村さん  私は、十代の時に「不幸の全部入り」とも言える時間を過ごしてきました。不登校の他にも、大病をわずらったり、家族に大きな問題を抱えていたり。だから、ワンネスに来られる生徒さんがどんな環境で過ごしてきた人でも、「大変だったね」と嘘偽りなく心の底から言えます。そんなふうに、生徒に共感できる時です。

 

ーー「不幸の全部入り」というのは、インパクトのある言葉ですね。確かに、経験した人の強みだと思います。中村さんだからこそ可能な〝共感〟ですね。

 

中村さん  私は、不登校を経験しましたし、勉強ができたわけでもないし、当然エリートでもありません。先ほど申したように、十代の時に手術をしなければならないほどの大きな病気をわずらい、家族の問題でも大変苦しみました。このフリースクールに来る生徒さん達も、それぞれにさまざまな問題を抱えています。そのため、私と彼らは非常に親和性が高いんです。親和性が高い私ならではの共感ができると信じています。

 

ーーなるほど。中村さんにとってワンネスは親和性が高く、「ありのままの自分を生かして働ける場所」なんですね。

 

中村さん  4年前、初めてワンネスを訪れた日の帰り際に、ワンネス代表の森に思わずこう言ったんです。「この場所に、このワンネススクールに居れるだけ居させてください」と。おそらく、私にとってワンネスは「自分らしく働くことができる場所」だと感じたのでしょう。

 

ーー今の話を聞いていて、「中村さんには、ワンネスに居れるだけ居てもらいたい」と思わず言いたくなりました(笑)

 

中村さん  ありがとうございます(笑)

 

続く。

 

image

 

料理も学ぶことが出来ます!

〝今聞きたい人〟『ワンネススクール 中村広太郎さん』❸

2016/07/22

ーー今までの4年間で、嬉しかったことや印象に残ったことは何ですか?

 

中村さん  元気になった子がいるのを感じれると、本当に嬉しいですね。私たちは、特別なことをしていないのに、勝手に生き生きし出して、ステップアップしていくんです。

 

ーーワンネススクールという場所で、様々な人間に出会い、自然に触れたおかげで、人間にもともと備わっている回復し立ち直る機能が働き出したのかもしれません。

 

中村さん  はい。すっかり元気になってワンネスを通過していき、次の場所で活躍している話を聞くと最高に嬉しいです。

 

ーーワンネススクールがきっかけとなり、社会に出て活躍されている卒業生がたくさんいるんですね。とても頼もしく感じます。

 

中村さん  彼らが活躍している姿を想像すると、本当に幸せな気分になります。

 

ーー毎日、生徒さんと関わる時に、特に意識していることは何ですか?

 

中村さん  一人一人の良い所探しです。ほめることで自尊心を高めたいんです。

 

ーーどんな点に注意してほめていますか?

 

中村さん  第一に、嘘ではないことです。当たり前ですが、嘘だったり、わざとらしいほめ方はバレてしまいますし、不信感を抱かせるので、余計に関係が悪化してしまいます。

 

ーー生徒さんは、嘘には敏感に反応しますからね。他にはありますか?

 

中村さん  もう一つは、「たぶん今までほめてもらってないだろうなぁ」という所を見つけて、ほめたいと考えています。

 

ーー未開拓の部分に焦点を合わせようとするんですね。大変そうですが、面白い試みです。生徒さんにとっては、ほめられることで自分の強みに気づきますし、結果的に自己肯定感も高まりますね。

 

中村さん  その通りだと思います。

 

ーー家庭教師もそうですが、第三者でないと気づかない所が必ずあると思います。家族だと近すぎて見えにくくなっているんですね。そういう、まだ掘り起こされていない長所を見つけて、ほめて、気づかせて、自己肯定感を高めることが中村さんの役割なんですね。

 

中村さん  はい、それを意識しています。さらに、もう一つ気をつけていることは、全体を見て場のバランスをとるようにしています。

 

ーー全体を見てバランスをとる?

 

中村さん  はい。例えば、生徒が多くいて騒がしい状況の中に、誰とも口を聞かず、ぽつんと一人でいる生徒に対しては、意識的に声をかけます。一方で、あえてそっとしておく場合もあるのですが。

 

ーー常に生徒全体を見て、一人一人の表情やしぐさで判断し、臨機応変に声をかけバランスをとれるのは、敏感な中村さんならではの特性ではないでしょうか?先ほどの接客の話に通じますね。

 

中村さん  本当ですね、接客業とフリースクールがつながりました。人生に無駄はありません(笑)

 

続く。

 

imageimage

 

金沢校舎での授業風景。

カテゴリー別アーカイブ

メイクフレンズ みんなの家庭教師とは みんなのQ&A