2017年2月の活動報告

訂正とお詫び

2017/02/28

2月26日の活動報告でお伝えしました、『来週開催される「親の会」のご案内』の日時が間違っておりました。

 

正しくは下記のようになります。訂正して、お詫び致します。

 

3月18日(土)
やすらぎの会
場所 : 金沢市富樫3丁目10番1号 教育プラザ富樫
時間 : 午後1〜5時
会費 : 会員200円、非会員500円
問い合わせ : やすらぎの会 事務局 miyakoyo@hotmail.co.jp

教育機会確保法とは?❶

2017/02/27

今月から「教育機会確保法」が施行されました。この法律の注目すべき点は、二つあります。

 

◎学校を休んでもいい

 

一つは、「学校を休んでもいい」と定めた点です。

 

法律を根拠にできるため、学校の先生も休ませることを受け入れやすくなり、親御さんも無理に学校に行かせなくていいと思えるので、精神的に楽になります。

 

生徒にとっても、「学校を休む自分を否定しなくていい」と思えるため、自己肯定感につながります。

 

 

◎学校以外の場所が重要になる

 

もう一つは、「学校以外の場所の重要性」を認めた点です。

 

教育機会確保法は、自治体とフリースクールなどとの連携を求めています。

 

休むことを認める以上は、居場所としてのフリースクールが活動しやすいように、どのような支援が必要なのかを、行政も共に考えることが重要になります。

 

続く。

 

IMG_1643

来週開催される「親の会」のご案内

2017/02/26

来週、3月18日の土曜日に、金沢市の教育プラザ富樫にて、「やすらぎの会」が開催されます。

 

アドバイザーとして、金沢星稜大学の高賢一教授が来られ、丁寧に話を聴いて頂けるので、親御さんは安心してお話をすることができます。

 

ゆったりとした居心地の良い空間で、日頃のモヤモヤを吐き出してみませんか。

 

不登校(行きしぶりを含む)やひきこもりで悩まれている親御さんであれば、誰でも会に参加できます。

 

当日参加もOKですし、ご都合の良い時間帯だけの参加も可能です。

 

お気軽にご参加ください。

 

3月18日(土)
やすらぎの会
場所 : 金沢市富樫3丁目10番1号 教育プラザ富樫
時間 : 午後1〜5時
会費 : 会員200円、非会員500円
問い合わせ : やすらぎの会 事務局 miyakoyo@hotmail.co.jp

 

img008

「学校第一」から「生徒第一」の姿勢へ❷

2017/02/25

「不登校とは、多様な要因・背景により、結果として不登校状態になっているということであり、その行為を「問題行動」と判断してはならない。不登校児童生徒が悪いという根強い偏見を払拭し、学校・家庭・社会が不登校児童生徒に寄り添い共感的理解と受容の姿勢を持つことが、児童生徒の自己肯定感を高めるためにも重要であり、周囲の大人との信頼関係を構築していく過程が社会性や人間性の伸長につながり、結果として児童生徒の社会的自立につながることが期待される。」

 

 
これは、2016年9月14日に文部科学省から通知された「不登校児童生徒への支援の在り方について」の一部抜粋です。

 

この通知のおかげかどうかは分かりませんが、数年前に比べると不登校に対して理解が進み、寛容に対応してくださる学校が増えているように感じていました。

 

「学校第一」の姿勢から「生徒第一」の姿勢に、少しずつ変わってきているのかもしれません。

 

しかし、今回の件があったように、先生それぞれによって対応が違うこともあるようです。

 

敏感で繊細な生徒にとっては、周囲の大人の一言で、勇気づけられ励まされることがある反面、絶望を感じるくらいの不安を感じてしまうこともあります。

 

それらを理解したうえで、丁寧に対応していくことが求められます。

「学校第一」から「生徒第一」の姿勢へ❶

2017/02/24

先日、週に一度お会いしている生徒さんが、ひどく落ち込んでいるように見えたため、その理由を尋ねたところ、「担任から、『進級後の4月以降は、もっと学校へ来なさい』と強く言われた」と打ち明けてくれました。

 

現在、その生徒さんは、週に一度、調子が良い時は週に二度は学校へ通っています。せっかく本人のペースで通っているのにもかかわらず、担任は、生徒をひどく落ち込ませるような伝え方をしてしまったようです。

 

担任の立場で考えると、生徒を激励したつもりなのかもしれません。しかし、その方法が全ての生徒において当てはまるわけではありません。

 

繊細で敏感な生徒に対する伝え方を、もっと理解しておく必要があります。

 

ところで、昨年2016年9月に文部科学省から出された通知をご存知でしょうか?

 

続く。

不登校 Q&A

2017/02/23

26.「不登校だった息子が、私立高校の特別進学コースに合格しました。息子はもちろん、私たち親も非常に喜びました。しかし、その後、息子は『公立高校受験も頑張る』と言ったのにもかかわらず、入試の過去問の難しさに、すっかりやる気を失くしています。また、それを見かねた父親が余計な口出しをしてしまったこともあり、腹を立ててしまったようです。どう接すれば良いでしょうか?ちなみに、息子は大学へ進学したいそうです」

 
私立高校合格、おめでとうございます!

 

今まで、学校に十分に通っていなかったにもかかわらず、受験会場に行き、5教科全てを受験したこと自体が素晴らしいです。そして、何より見事合格したわけですから、本当に良かったですね。

 

次の公立高校入試に関しては、息子さんの立場で見た場合、高校受験を通して感じたり思ったりすることは、きっと多いはずです。それ自体が、息子さんにとって大きな収穫だと言っていいと思います。

 

つまり、数年先の大学受験へ向けて、「高校受験という体験」そのものが大きな戦力になるはずです。

 

まずは、親御さんご自身がそれらを理解されることが第一です。そのうえで、親御さんができることは、入試当日に息子さんが体調万全にいられるように、食事面や生活面などでサポートすることです。

 

現時点においてのマイナス面に目を向けるより、今までに起こったポジティブな面に目を向けることで、親御さん自身の表情が明るくなり笑顔が増えます。

 

親御さんの笑顔は、受験直前の息子さんに伝わり、きっと安心感を与えるでしょう。

 

image

平成29年度 公立高校入試の中間倍率が発表されました!

2017/02/22

来月の3月7日・8日に行われる公立高校入試の中間倍率が発表されました。

 

なお、出願変更の受付は、2月24日〜2月28日まで行われ、確定倍率は2月28日に発表される予定です。

 

IMG_1497

IMG_1490

フリースクール 『リスタ金沢』のホームページについて

2017/02/22

フリースクール「リスタ金沢」

 

住所 : 〒920-0831 石川県金沢市東山3丁目31-19 3階
電話番号:076-224-5374(事務局)
メールアドレス : restarkanazawa@gmail.com

 

ホームページ : https://restarkanazawa.wixsite.com/resta

 

IMG_1473

金沢市に新しいフリースクールが開設されます!

2017/02/21

不登校の児童生徒を受け入れるフリースクール、「リスタ金沢」が今年の4月から、金沢市東山3丁目に開設されます。

 

全国的に増えている不登校の子どもは、平成27年度末時点で、石川県内において小中学生だけでも1200人を超えています。

 

「リスタ金沢」の代表である、かほく市の男性は、長女が不登校だったこともあり、「安心して通える学校をつくりたい」という思いで、今回のフリースクール開設に至ったそうです。

 

現在、県内のフリースクールは、同じ金沢市内に、「ワンネススクール」と「リュフト」がありますが、それらに続くフリースクール開設になります。

 

不登校の生徒さん達にとって、居場所の選択肢が増えるのは非常に喜ばしいことです。「リスタ金沢」の詳細が分かりしだい、今後もお伝えする予定です。

『うちの子 不登校ですが何か?』

2017/02/20

来月、3月4日(土)に、「ベスタの会」が主催する研修会、『うちの子 不登校ですが何か?』の「Part5」が開かれます。

 

今回は、パネルディスカッションと交流会「子どを見守る親の役割と学校との連携」です。

 

親や学校の役割を、パネラー達と一緒に考えてみませんか。

 

今回のパネラーは、広村厚子さん(ペアレントメンター、不登校の親の会ホットミルク)、山美弥子さん(やすらぎの会 代表)、徳井久康さん(みちくさの会)、藪下佳代さん(ベスタの会 代表)です。

 

関心のある方は、ぜひご参加ください!

 

お電話かホームページより、事前申し込みをお願いします。

 

この研修会は、(公財)いしかわ結婚・子育て支援財団補助事業として、不登校児の親、支援者、不登校に関心のある人のコミュニティ作りと、地域の関連団体の連携を目的に開催します。

 

日時 : 3月4日(土)10:00〜12:30
場所 : 金沢市粟崎町4-80-1 ものづくり会館
対象:不登校児の親、不登校に関心のある方、支援者
参加費:300円
お問い合わせ : 090-8268-1062

 

◎お申し込みはホームページからも可能です。
http://ameblo.jp/vesta2009

 

 

img006

カテゴリー別アーカイブ

メイクフレンズ みんなの家庭教師とは みんなのQ&A