「不登校に対する支援」について

「不登校に対する支援」について❸

2016/12/06

不登校になると、生徒さんはもちろん親御さんも、将来に関して不安になります。

 

なぜなら、「学校に行けない」=「高校や大学に進学し、会社員になれる道、つまり生きていくための道が閉ざされてしまうのではないか?」と、漠然と考えてしまうからです。

 

ところが、世の中には多くの職業が存在し、会社員でない人々も多くいらっしゃいます。技術があれば、学歴をあまり重要としない職業もあります。本当にたくさんの生き方、「道」があるのです。

 

みんなの家庭教師では、「職業を知ろう!」を通して、様々なプロフェッショナルをご紹介しており、今後も順次ご紹介していく予定です。

 

「職業を知ろう!」で登場するプロフェッショナルのインタビューを通して、世の中には多くの選択肢や生き方があることを生徒さんに理解して頂き、そこから希望を見出し、将来の目標をつかむ手がかりになれば大変嬉しいです。

 

みんなの家庭教師では、勉強を教えることはもちろん、今後も様々な形で不登校に対する支援をおこなっていきます。何かご要望がございましたら、電話やメールでご連絡ください。

 

image

「不登校に対する支援」について❷

2016/12/05

もう一つは、学習面に関する支援です。LINEを使った添削指導では、一人一人の生徒さんの状態を考慮し、無理なく継続できるように心がけております。しかも、料金は完全無料です。

 

例えば、計算問題一問から始めて、徐々に二問三問と増やしていったり、同様に漢字や英単語も少ない量から始めて少しずつ増やしていくことが可能です。「継続」が自信につながり、好循環の源になります。

 

 
その他に、不登校の生徒さんの社会性を補うために「メイクフレンズ」を、親御さんが精神面で孤立しないように「親の会ふたり」を実施しています。

 

「メイクフレンズ」とは、学校やフリースクールへ行けない生徒さんの社会性を補うために、同じような趣味を持った同年代どうしを結ぶ取り組みです。複数の同年代と関わることは苦手でも、「話が合う同年代と一対一なら大丈夫」という方向けです。

 

「親の会ふたり」とは、諸事情により、不登校の親の会に参加できない親御さんが、精神的に孤立してしまわないように、親御さんどうしを一対一でつなぐ取り組みです。カフェなどでお茶を飲みながら、気軽に情報交換して、気分転換することが可能です。「同じ苦しみを持った人が、そばにいるだけで癒される」とは、多くの親御さんが言われた言葉です。

 

みんなの家庭教師は、不登校の生徒さんが早く元気になるためには、「親御さんの子供に対する関わり方が大切である」と考えております。親御さんの子供への接し方に余裕やゆとりが生まれれば、それに伴って子供も元気になり、前進していく事例が多いです。

 

続く。

 

img_9416

「不登校に対する支援」について❶

2016/12/04

みんなの家庭教師では、不登校の生徒さんや、その親御さんに対する様々な支援をおこなっております。

 

一つは、料金面についてです。他の家庭教師協会や進学塾と違い、入会金や違約金はありません。また、指導当日のキャンセル料金も一切発生しません。

 

不登校の生徒さんの中には、精神面において調子の波があり、急に辛い状態になる方が多くいらっしゃいます。そのため、指導直前にキャンセルになることも珍しくありません。また、生徒さんによっては、契約途中で家庭教師との勉強を継続することが困難になってしまうこともあります。

 

したがって、親御さんは、当日キャンセルした場合のキャンセル料金、継続できなかった場合の違約金への不安で、家庭教師を始めること自体に、二の足を踏んでしまいがちです。

 

一般的に、不登校になった生徒さんが少し元気になってくると、徐々に「勉強してみようかな」という気持ちが出てきます。でも、そんな時に学力をつけるための選択肢が少ないと、せっかくの勉強に対するヤル気も削がれてしまいかねません。

 

みんなの家庭教師では、不登校に対する支援として、入会金や違約金、そしてキャンセル料金は一切頂いておりません。どの生徒さんでも安心して勉強を始めることができますし、しんどい状態の時は気兼ねなく休むことができるようにしております。

 

続く。

 

img_0281

カテゴリー別アーカイブ

メイクフレンズ みんなの家庭教師とは みんなのQ&A