親にできることは?

親にできることは?❷

2017/09/01

また、昔と違って現代は成熟した社会にあり、精神的な部分において、成人するのも遅いと言われています。

 

中世で成人を示す元服は、現代で言うと14〜15歳辺りの中学生ぐらいでした。現代は、20歳で成人とされていますが、平和で成熟した世の中で育った子どもの場合、まだまだ成人にふさわしい年齢と言えないのではないでしょうか。

 

もちろん、それぞれ個人差はあるでしょうが、30歳ぐらいまでを目処に、精神的にも経済的にも自立できるように、気持ちにゆとりを持って、子どもを見守っていくことも一つの方法です。

 

具体的には、勉強でもアルバイトでも、子どもが安心して思う存分に、やりたいことをできる環境を整えておくことが重要だと思われます。

 

そう意味では、今の状況を継続していく先に、本当にやりたいこと、長く続けていきたいことが見つかる可能性は十分にあるはずです。

 

IMG_4557

親にできることは?❶

2017/08/31

「うちの息子は、23歳でアルバイトをしています。中学生の時に学校に通えなくなって以来、高校は通信制高校を卒業したのですが、「大学に行きたい」と進学しても長続きせず、途中で辞めてしまいました。その後、専門学校に入り直したものの、ここでも長続きしませんでした。今はアルバイトをしていますが、これまでも多くのアルバイトをしており、飽きっぽいのか長続きしません。十代前半から続けている趣味もあるので、本当に好きなことに関しては継続できるようです。ただ、親の立場で言えば、趣味だけで生きていくことはできないので、早く自分の道を見つけてもらいたいです。親にできることはあるでしょうか?」

 

 
この質問から、「息子さんの現在の状況が問題である」と、親御さんが感じていることは明らかです。

 

一番大切なことは、「現在において、息子さんが前向きに生き生きと、生活できているかどうか?」です。

 

もし、息子さんがやりがいを持ってアルバイトをしているのであれば、息子さんにとって今の状況は問題がないということになります。

 

反対に、息子さん自身が、今の状況に対して不満を持っているならば、どこかに問題があるはずですので、それに関して本人に聞いてみる必要があります。

 

質問から分かる重要なことは、息子さんにとって、「自分がしたいことに挑戦できる環境にいること」であり、そのような環境を親御さんが与えていることです。

 

息子さんは、大学であれ、専門学校であれ、やりたいことを自分の意思で決めることができています。

 

結果的には、途中で学校を辞めたので、親御さんから見ると「学費に関してや、卒業できなかったこと」に不満を持つ気持ちはあるでしょう。

 

また、「他の同級生や兄弟は、ちゃんと卒業して就職しているのに」と、比べてしまいたくなる気持ちもあるのかもしれません。

 

続く。

 

image

カテゴリー別アーカイブ

メイクフレンズ みんなの家庭教師とは みんなのQ&A