スマホ・タブレットと共存する

スマホ・タブレットと共存する❷

2017/02/03

一方で、現在ほとんどの小中学校や高校の授業中では、スマホやタブレットの電源を切っておかなければならず、使用することはできません。

 

なぜでしょうか?

 

おそらく、授業中に勉強以外の目的でスマホを使用する生徒が一定数存在することを想定しているからでしょう。

 

また、「スマホ依存」や「スマホ老眼」という言葉に代表されるように、扱い方を間違えると体調に悪影響をもたらし、事故につながる危険な面もあります。

 

確かに、スマホやタブレットには、こうしたネガティヴな面は存在します。

 

ここで大切なことは、「節度を保つこと」や「有意義な活用法を学ぶこと」です。

 

テレビやスマホ、タブレットなどの電子機器の画面を見ている時間とそれ以外の時間のバランスを取ることが重要です。各ご家庭で意見を出し合いながら、話し合って決めることが望ましいでしょう。

 

また、同じタブレットを使っていても、YouTubeで延々とアニメを見続ける場合と、遠くに住んでいる祖父母とビデオチャットする場合では非常に大きな差があります。有意義に活用することで、私たちの生活が楽しく便利になります。

 

つまり、しっかり管理された時間であれば、家族が共に楽しみ、触れ合う良い機会にもなります。

 

こうしたことを小さい頃から学ぶ大切さは、何もスマホやタブレットだけに限ったことではありません。

 

「どうすれば安全に自転車に乗れるのか?」や「どうすれば栄養のバランスがとれた食事をとれるのか?」を学んでいくことと全く同じなのです。

 

IMG_1087

スマホ・タブレットと共存する❶

2017/02/02

みんなの家庭教師では、iPadなどのタブレットを指導に取り入れ、勉強が苦手な生徒さんでも飽きない指導を心がけております。

 

現在では、優秀な教育アプリも多く、教科書が苦手でも「タブレットであれば大丈夫」という生徒さんもいます。

 

例えば、タブレットを使って、理科の実験映像を何度も見ることが可能です。ひと昔前であれば、学校の理科室で実験をするしかありませんでした。

 

また、歴史で現代史を勉強する時、タブレットで検索すれば最新情報がすぐに出てきます。現代史は毎日アップデートされているので、数年前に印刷された教科書だけでは絶対に追いつきません。

 

もちろん、毎日おこなっているLINEを通した添削指導も、スマホやタブレットが必要です。

 

このように、スマホやタブレットは教育と非常に相性が良いツールです。みんなの家庭教師にとっても、もはやなくてはならない存在になっています。

 

続く。

 

IMG_1088

カテゴリー別アーカイブ

メイクフレンズ みんなの家庭教師とは みんなのQ&A