『話を聴いてもらう場所』

『話を聴いてもらう場所』❸

2016/06/16

みんなの家庭教師では、親子が安心して『話を聴いてもらう場所』を提供し、カウンセリングを行なっております。まず第一段階に、親御さんとお会いして、じっくりと話を聴きます。次に、可能であれば子供さんとも一対一で会って話をする機会を持ちます。最終的には第三者として親子の間に立ち、円滑に話し合いができるように進めていきます。

 

「親の会」との違いをあげると、「話を聴く人間が一人であること」、「親だけでなく子供も話を聴いてもらうこと」、そして「親子を含め、三人で話し合うこと」です。

 

第三者を交えて話をすることによって、感情的にならず、冷静さを保てるので、互いの気持ちを理解しやすくなります。もちろん、第三者が話を進めていくので、中途半端に話が終わることはありません。そして、話し合いを何度かするうちに、お互いにどんなことを考え悩んできたのか、どこで互いを誤解し感情的になっていたのかを知ることができます。

 

カウンセリング終了後、「第三者からの視点で、今まで気づかなかったことに気づけて良かった」「たくさん話せたので、家庭に戻った後も、話をしやすい雰囲気が続いた」「帰宅までの車中の空間が気まずくなく会話できた」などの声が聞かれます。

 

「不登校」と聞いて、ネガティヴな印象を持たれる方は多いでしょう。しかし、不登校がきっかけで、これまでの家庭環境を見直し、家族の絆がより強まったというご家庭も多くいらっしゃいます。『聴いてもらう場所』を得ることで、親子関係が前向きになり、不登校を乗り越えて、家族の絆が強まるきっかけになれば嬉しいです。

 

image

『話を聴いてもらう場所』❷

2016/06/15

一方で、こんな声もあります。「親の会には、できれば参加したいと思っています。でも、初対面で、しかも複数の人たちの前で、自分の気持ちを打ち明けることには抵抗があるし、非常に勇気が必要です」

 

確かに、その通りです。人前で話し慣れた方でなければ、複数の見知らぬ人前で緊張するのが普通です。そのうえ、非常にプライベートな内容を打ち明けるわけですから、勇気が必要なのは当然です。

 

このような状況で話すこと自体、おそらく多くの人にとっては初めての経験かもしれません。したがって、「親の会」の参加に対して躊躇されることは、むしろ自然な感じがします。

 

不登校で悩んでいる親御さんの全体数のうち、どれだけの割合の方が「親の会」に足を運ばれているでしょうか?正確な数字は分かりませんが、かなり少数派であることは間違いありません。

 

ここで思うことは、「多様な学びの選択肢があって良いのと同様に、『話を聴いてもらう場所』においても多様な選択ができたほうが、多くの人たちにとって望ましいのではないか?」ということです。それぞれに合った『話を聴いてもらう場所』の形があってもいいはずです。

 

続く。

 

image

『話を聴いてもらう場所』❶

2016/06/14

学校に通えなくなった後、家庭の中で不登校に関する話をしようとしても、親子だとつい感情的になってしまい、中途半端に話が終わってしまったことはありませんか?それが繰り返されてしまうと、話し合いを持つ機会さえなくなり、親子関係がギクシャクし、顔を合わせても当たり障りのない会話に終始してしまいがちになります。

 

実際、「不登校が原因で会話が減り、親子関係が希薄になった気がする」という声を聞きます。また、「お互いに腹を割って話す機会をなかなか持てず、関係を修復するまでに長い年月を要した。もっと早く修復する機会があれば良かった」という声も聞かれます。

 

不登校になったときに一番大切なことは、「一人で悩まず、信頼できる誰かに、中立な立場で、じっくり話を聴いてもらう場所を持つこと」です。親も子供も、じっくりと話を聴いてもらえれば、気持ちが整理され、前向きになりやすいです。

 

親の話を聴いてもらう場所として、代表的なものが「親の会」です。「親の会」には、現在悩まれている方や、過去に悩まれた方もいらっしゃいます。そのため、話を聴いてもらえることはもちろん、いろいろな方の事例を聴き、勇気付けられることも大きなメリットの一つです。初めての参加者からは、「いろいろ考え方があることに気づき、気持ちが楽になった」「もっと早く参加すれば良かった」という声が多く聞かれます。

 

続く。

 

image

カテゴリー別アーカイブ

メイクフレンズ みんなの家庭教師とは みんなのQ&A