発達障害と不登校

発達障害と不登校❷

2016/03/14

では、発達障害の生徒さんをサポートするために、周囲にできることは何でしょうか?

 

 

それは、「発達障害について知ろう」とする意識を持つことです。発達障害に関する知識に乏しいことが、多くの誤解を生み出す原因になります。

 

例えば、能力が高い生徒さんであっても、細かい所にこだわるがあまり、ペースが遅くなって「怠けている」と思われ、注意をされて傷つくことがあります。また、周囲とのコミュニケーションがうまくいかないために、自信をなくしてしまう生徒さんもいます。

 

もし、発達障害についての知識を持つ人が増えれば増えるほど、適切に対応できる場面も増えます。それが、生徒さんの自己肯定感の低下を防ぎ、不登校も防ぐことにつながります。

 

発達障害は、個人要因だけでなく、社会環境(学校や地域)や養育環境の組み合わせで現れます。個人要因およそ40%に対して、環境要因およそ60%とも言われています

 

このことから、発達障害の特性を理解してサポートできる人たちが増えれば、周囲や本人にとって不利益が生じない状態を作り出せると言えます。

 

もちろん、症状が様々な発達障害を正しく理解することは簡単ではありません。学ぶために時間や根気が必要になるでしょう。

 

それでも、生き辛さを抱えた彼らの行動の一つ一つを受けとめ、気持ちに寄り添い、あせらずじっくり待つ。そのような姿勢を持ち続けることで、彼らにとって学校が、もっと居心地の良い場所になることは間違いありません。

 

image

発達障害と不登校❶

2016/03/04

発達障害とは、子供の頃にあらわれる脳機能の発達の障害のことであり、いくつかのタイプがあります。

 

文部科学省の調査によると、特別支援学校や特別支援学級に在籍する生徒の割合は、小中学生全体の約3.3%。これとは別に、通常学級で学んでいるものの、指導に携わる複数の教員が「発達障害の可能性がある」と判断している生徒は約6.5%。

 

両方合わせると、10%近くになり、およそ10人に1人が何らかの支援を必要としている現状があります。いまだに世間一般にはあまり知られていないかもしれませんが、非常に重く受けとめなければならない事実です。

 

 

では、発達障害と不登校について、何か因果関係はあるのでしょうか?

 

例えば、発達障害の一つの特徴として、感覚が過敏で繊細であるがゆえに、集団生活である学校になじめない場合があります。その結果として、不登校になるケースがあります。以前、ご紹介したHSP(感受性が強く、人一倍敏感な人)と似ている部分です。

 

ただ、多少のトラブルを起こしても学校に通う発達障害の生徒さんもいらっしゃるので、発達障害だから不登校になるというわけではありません。もちろん、「不登校になったから発達障害なのではないか」という理屈も間違いです。

 

一つ言えることは、「親御さんによる家庭での接し方はもちろん、支援を行なう学校の先生や、一緒に勉強するクラスメイトなど、周囲の環境による部分が大変大きい」ということです。

 

 

では、発達障害の生徒さんをサポートするために、周囲にできることは何でしょうか?

 

次回へ続く。

 

image

カテゴリー別アーカイブ

メイクフレンズ みんなの家庭教師とは みんなのQ&A