吐露カフェについて

吐露カフェについて❷

2020/02/26

先日、吐露カフェを利用された一人の親御さんから、次のようなメールが届きました。

 

「今日はお話を聞いてくださり、ありがとうございました。状況は何も変わってないけど、なんかスッキリしました。話を聴いてもらうだけで、こんなに気持ちが変わるんですね。自分の思っていることを言葉にすると、自分の考えが整理されたり、今まで思いつかなかったことに気が付いたり。話すことで迷いが整理されるんだなと思いました」

 

この親御さんは当初、子どもの言動にイライラしたりすることが日常茶飯事でした。

 

そのため、いつもLINEを通して愚痴をこぼしておられました(みんなの家庭教師のLINEは、誰でも自由に愚痴をこぼしてもOKになってます)。

 

その後、定期的に吐露カフェを利用することで気持ちが前向きになり、「子どもに対して以前と違う接し方ができるようになった」という種類の言葉を多く頂けるようになりました。

 

そのようにして心に余裕が生まれた時、以前は参加できなかった親御さんの会にも参加できたそうです。

 

つまり、「共感してもらえる」居場所や人が増え、さらに気持ちが安定しやすくなったと言えます。

 

心に余裕が生まれると、人間は誰でも笑顔の多い毎日を送ることができます。

 

ひいては、「子どもの話にも今まで以上に丁寧に耳を傾けられるようになる」といった好循環になります。

 

吐露カフェという場所が、こういった好循環のきっかけになれたらと願っております。

 

 

F58304AB-012C-48EE-A7FB-7D74519491A0

吐露カフェについて❶

2020/02/20

去年の夏頃、『吐露カフェ』というサービスを開始しました。

 

このサービスを始めようと思ったきっかけは、県内にあるいくつかの「親の会」に足を運べない親御さんたちが相当数いらっしゃると思ったからです。

 

足を運べない理由は、大きく分けて二つあります。一つは、他の親御さんたちの前で話をする際に抵抗があるということ。もう一つは、仕事や家事で忙しく、親の会に行きたくても曜日や時間が合わないということです。

 

これまで多くの親御さんとお会いしてお話を伺っていると、前者の理由で参加できない方が多いと感じています。

 

これはフリースクールにも当てはまるのですが、まずはそこにつなげるためのファーストステップが必要だということ。つまり、次の居場所につなぐための居場所が求められているということです。

 

今までに、みんなの家庭教師を通ってフリースクールや予備校、学校へ向かう生徒がいたように、吐露カフェを通って「親の会」へ足を運べるようになる親御さんが多くいらっしゃると嬉しいです。

 

もちろん、吐露カフェだけでもOKなのですが、「共感してもらえる」居場所や人というのは、複数あったほうが心強いですし、多勢いたほうが気持ちも安定しやすいのではないでしょうか。

 

続く。

 

6796EC2F-8F89-4A40-83E9-88C83632E537

カテゴリー別アーカイブ

吐露カフェ メイクフレンズ みんなの家庭教師とは みんなのQ&A