活動報告

どのように生徒の安心を担保するか❷

2020/03/10

もう一つの不安要素は、「高校に入学した後を想像して不安になってしまう点」です。

 

つまり、「たとえ高校に合格しても、やはり通学するのは難しいのではないか?」と考えてしまうと、入試当日に時間通り目覚めたとしても、布団から出ることが出来なくなってしまうことがあるのです。

 

今まで長期間、通学出来なかった生徒が、高校入学後を不安に感じてしまうのは自然であり、無理もないでしょう。

 

そんな状態のとき、まずは不安になっている生徒の気持ちを丁寧に聴くことが大切です。

 

そのうえで、具体的に「次善の策」を提案します。

 

まず、ここで言う「最善の策」とは、全日制高校に入学して、順調に進級し卒業することです。

 

ただ、それがうまくいかなかった場合に備えて、あらかじめ「次善の策」を持っておくことは、生徒に精神的なゆとりを与えます。

 

「入学後に通学できなくなったらどうしよう。。」

 

そんな不安に対して、どのような「次善の策」を提案すればいいのでしょうか。

 

続く。

CD5528F6-B9E0-480E-8517-50E29B6779B7

メイクフレンズ

カテゴリー別アーカイブ

吐露カフェ メイクフレンズ みんなの家庭教師とは みんなのQ&A