活動報告

講演会で話したこと❻

2019/11/01

講演会の最後に、「今後取り組んでいきたいこと」について触れました。

 

今後取り組んでいきたいこと。それは、現在不登校で悩んでいる方が、不登校経験者やその親御さんに会って対話できるサービスを拡大していくことです。『不登校経験者の人材バンク』のようなイメージを持っています。

 

過去に不登校を経験した方やその親御さんにご登録頂き、彼らの力を活用できればと。今悩んでいる方が、経験者たちと話して「悩んでいるのは自分だけじゃない。自分の気持ちを分かってくれる仲間がいるんだ」と、共感される機会を十分に得ること。それが、彼らの不安の緩和につながるのだと信じております。

 

不登校関連の講演会などでよく耳にする言葉の一つに、「親御さんは自分の子どもを信じることが大切」というのがあります。

 

確かに、子どもを信じることは非常に大切です。信じることで、子どもの成長に大きな違いが出ることは、この仕事をしながら日々感じる部分です。

 

ただ一方で、「子どもを信じなさい」と言われても、不安が先行してしまい、なかなかそう簡単にはいかないのが現実だというのも感じます。

 

そこで、「うちの子どもはきっと元気になる」と信じられる根拠、その後押しになるものが必要になると考えています。

 

続く。

メイクフレンズ

カテゴリー別アーカイブ

吐露カフェ メイクフレンズ みんなの家庭教師とは みんなのQ&A