活動報告

講演会で話したこと❷

2019/10/09

次に「不登校で生じた不安を緩和するために」では、次の5つの不安を挙げて解説しました。

 

将来に対する漠然とした不安、進学に対する不安、孤立から生じる不安、家族(祖父母や配偶者)との対立で生じる不安、周囲から否定されて生じる孤独や不安。

 

 

将来に対する漠然とした不安

よく見られるのは、不登校になった後の先の見通しが立たず、「一体いつまで続くのか?」と不安に陥るケースです。みんなの家庭教師では、過去の不登校経験者の事例をもとに「彼らの数年後がどうだったか?」を具体的に伝え、将来の道筋が見えるよう今後を一緒に考えています。

 

 

❷進学に対する不安

間違った情報を信じて、不安になっているケースを多く見受けます。そのため、まずは受験に関する本当の情報を丁寧に伝えます。出席日数などの内申書や、高校の合格ライン、通信制高校や定時制高校に関する情報など。

 

また、学力面に関しては、LINEを通して生徒一人一人に合ったオーダーメイドの宿題を提案し、添削指導でサポートします。加えて、家にひきこもりがちな生徒に対しては、外に一歩出るためのきっかけ作りとして、金沢駅近くのみんなの居場所を活用し、高校進学後の通学に関する不安を緩和します。

 

 

❸孤立から生じる不安

不登校の相談に関して最初の窓口になるのは、金沢市の教育プラザ富樫など公の機関が一般的です。しかし、その後は一人で悩み孤立してしまうケースをしばしば見かけます。大切なのは、「自分だけじゃない。自分の気持ちを分かってもらえる、共感してもらえる場所がある」と思える居場所を見つけること。それこそが親御さんや子どもの不安の緩和につながります。

 

みんなの家庭教師では、県内の親の会、フリースクールや適応指導教室など、それぞれの特徴を具体的に伝え紹介しています。また、要望があれば、フリースクールの見学にも同行します。

 

それでも、様々な事情から親の会へ足を運べないような親御さんもいらっしゃいます。そんな場合には、同じ経験をされた他の親御さんに一対一で会えるような環境を提案します。同様に、フリースクールや適応指導教室などの居場所へ行けない子どもに対しても、他の子どもに一対一で会えるような環境を提案しております。

 

続く。

メイクフレンズ

カテゴリー別アーカイブ

吐露カフェ メイクフレンズ みんなの家庭教師とは みんなのQ&A