活動報告

流行りのゲーム・アニメや遊び No.7『ポケモンカードゲーム』

2019/05/13

ポケモンカードゲームは、1996年から展開されているトレーディングカードゲーム(TCG)で、日本発祥としては最も歴史のあるTCGです。

 

その後、子どもを中心に普及し、のちのTCGブームの火付け役になりました。

 

また日本国外でも展開され、世界約70ヶ国以上で販売され、全世界で累計約230億枚以上が出荷されている、日本が世界に誇るカードゲームと言えます。

 

そんなポケモンカードゲームが、去年2018年の夏頃から大ブームとなっています。商品の売り切れが続出し、社会的に大きな話題を呼びました。

 

500円で気軽に遊べることに加えて、有名なYouTuberが一斉にポケモンカードを取り上げたことが、中高生を中心にプレイヤーが大きく増えた理由だそうです。

 

そういうわけで、みんなの家庭教師の生徒たちも、ポケモンカードで遊ぶ方が増加中です。

 

こういったカードゲームの良い点は、テレビゲームと違って、遊びながら言葉を交わせる点です。

 

みんなの家庭教師の指導時間でも、ポケモンカードで遊ぶことがあります。カードゲームをしながら、ポケモンについて質問したり、時にはポケモンとは関係ない雑談をしたりします。そういう段階を経て、ふとした時に生徒の本音を聞くこともあります。

 

そういう意味で、カードゲームは素晴らしいコミュニケーションツールと言えるでしょう。

 

そのように考えると、普段あまり会話をしないような子どもを持つ親御さんにとって、子どもが好むカードゲームを理解することは、子どもとの距離を縮めるための第一歩になるのかもしれません。

 

1316_C029_025PIKACHU.indd

メイクフレンズ

カテゴリー別アーカイブ

メイクフレンズ みんなの家庭教師とは みんなのQ&A