活動報告

高校入学から5カ月後。彼らの『現在地』は?No.2 ❸

2018/10/18

大輔君のように、高校入学後すぐに通学できなくなり、別の高校(通信制)へ転入する方が少なからずいます。

 

大輔君は、高校受験で「全日制」と「通信制」のどちらを選択するかで悩んでいた経緯があります。実際のところ、大輔君のように悩んだり迷ったりするケースは少なくありません。

 

ほとんどの場合は、とりあえず全日制、または定時制へ進学してみて、どうしても合わないようであれば通信制へ転入するという考え方が一般的であるようです。

 

それは、現実的に全日制から通信制へ転入できても、通信制から全日制へは転入するのが難しいからです。

 

大輔君のように、通信制へ変わった後で生き生きと生活する姿を見ていると、それぞれの生徒に適した居場所(学校)があると感じます。

 

現在、大輔君はアルバイトでの人間関係に課題を抱えているものの、仕事を確実に覚え、目標を持って働いています。

 

通信制高校を卒業した後の話を彼に向けると、「今はまだ分からないけど、プログラミングの勉強をやりたい」と言う大輔君。

 

そのプログラミングの勉強も含め、今は自分専用のパソコンを購入することが、彼を動かす一つの原動力になっていると言えます。

 

「パソコンを購入した後の大輔君がどんなふうに変化していくのか?」

 

今後も見守っていきたいです。

メイクフレンズ

カテゴリー別アーカイブ

吐露カフェ メイクフレンズ みんなの家庭教師とは みんなのQ&A