活動報告

失敗と書いて「せいちょう(成長)」と読む❷

2018/01/06

子どもが不安がっている時に、周囲の人間はどのように対応すべきでしょうか?

 

子どもが不安がっているのは、「失敗したらどうしよう」と、結果だけに強く意識が向いてしまうからです。

 

そのような時に、親御さんなど周囲の人間までもが、同じように結果だけに意識を向けていたのでは、子どもが抱える不安は小さくならないでしょう。

 

ある著名人が、「失敗と書いて、せいちょう(成長)と読むんだ」と言われています。

 

たとえ失敗したかのように見えても、「成長している、前進している」と思えたら、どんなにか心強いでしょうか。

 

そのような考え方を周囲の人間が持つことによって、不安がっている子どもを励まし、彼らに勇気を与えることに繋がるはずです。

 

IMG_1302

メイクフレンズ

カテゴリー別アーカイブ

吐露カフェ メイクフレンズ みんなの家庭教師とは みんなのQ&A