活動報告

『メイクフレンズ・インタビュー』No.6

2017/05/05

昨日に引き続き、今回のメイクフレンズについて。

 

今日は『メイクフレンズ・インタビュー』です。りく君とまさと君に感想を伺いました。

 

 

ーー今日はお互いに会ってみてどうだった?

 

りく君  最初は少し緊張したけど、途中からは大丈夫でした。

 

まさと君  僕も、初めは緊張したけど、いろいろ話しているうちに平気になりました。

 

ーーお互いに飼っているワンちゃんの話もしたよね。

 

りく君  まさと君から、ワンちゃんの写真を見せてもらったけど、とてもかわいかったです。僕は、写真撮るのを忘れていたので、次回は見せたいです。

 

まさと君  犬の話も良かったけど、一緒にゲームをできたことが楽しかった。ゲームにとても詳しくてビックリしました。

 

りく君  ゲームはいつも兄弟でやっているから、自然に詳しくなったと思う。学年で言えば、僕の方が2つ上だけど、まさと君の方が年上のような。。話していて、なんか大人っぽいというか。。

 

まさと君  そうかなぁ。そんなことないと思うけど。

 

ーーこんな感じで、二人が話していると、どんどん会話が繋がっていくよね。

 

りく君  とても話しやすかったです。

 

まさと君  共通の話題が多かったのが良かったです。

 

ーーぜひ今後も会う機会をつくりましょう。今日はありがとうございました。

 

 

帰宅後、二人とも「また会いたい!」と親御さんに伝えたそうです。このように学年が違っても、二人の「誰かと繋がりたい」という気持ちによって、会うことができるケースはたくさんあります。

 

学校へ通えなくなり、フリースクールにも行けず、他の同年代の友達との交流が途絶えてしまう生徒さんは多く存在します。それでも、メイクフレンズのように一対一であれば、会える方もいるのです。

 

また、りく君はずっと昼夜逆転の生活をおくっていましたが、「まさと君に会う日は午前6時に起きました」と親御さんが驚かれていました。

 

実際に、昼夜逆転について悩まれている方は多くいらっしゃいます。しかし、今回のりく君のように、本人にとってやりたいことが出てくれば、改善へのきっかけになるはずです。

 

IMG_2814

メイクフレンズ

カテゴリー別アーカイブ

メイクフレンズ みんなの家庭教師とは みんなのQ&A