活動報告

『いま』を大切に生きること❷

2016/12/01

では、「今」を大切に生きることって、具体的にどういうことでしょうか?

 

たとえば、家族でどこかへ外出したり、スポーツをしたり、テレビを見て一緒に笑ったり、料理を一緒に作るなど家族との時間を充実させることも、その一つです。また、親御さんの立場で考えるなら、親御さん御自身の趣味などを楽しむことです。

 

ところが実際は、「子供が学校に行けず苦しんでいるのに、親が趣味などを楽しんでいられるか。親も何か一つ我慢するのが筋だ」と思われる親御さんは少なくないです。

 

「学校に行かないのならば、代わりに『打ち込める何か』を早く子供に見つけて欲しい、早くもっと元気になって欲しい」という親御さんの思いが、非常に強すぎるのかもしれません。そのため、どうしても親自身のことより先に、子供の方に意識が向かいやすくなります。

 

しかし、探し物と同じで、「『打ち込める何か』を見つけて欲しい」という親の意識が強い間は、子供は萎縮したり、親に反抗したりで、なかなか見つけることができません。

 

それよりも、一度それを忘れて、親御さん自身が趣味を楽しむなど、充実した毎日を過ごすことに意識を向ければ、子供も親の視線を気にせず、のびのびと過ごせます。そうなれば、親子ともに自分らしく生きること、「今」を大切に生きることになるでしょう。

 

その延長線上に、ふいに目の前に現れるものが、『打ち込める何か』なのかもしれません。

 

img_0252

メイクフレンズ

カテゴリー別アーカイブ

吐露カフェ メイクフレンズ みんなの家庭教師とは みんなのQ&A