2015年7月の活動報告

親御さんからの質問❷

2015/07/28

〈質問〉

学校へ行かなくなって一週間の子供がいます。最初は「お腹が痛い」と言うので、休ませて様子を見ていたのですが、数日間休んでも学校へ行こうとはしませんでした。一日中、家でゲームをしたり、アニメを見て過ごしています。これ以上休むと、ますます学校へ行きづらくなるのでは、と非常に心配です。無理やりにでも行かせたほうが、良いのでしょうか?

 

 

〈返答〉
しばらく学校を休ませてあげてください。無理やり学校へ行かそうとすると、多くの場合において、状況がますます悪い方向へ向かっています。

 
では、「いつまで休めばいいのか?」ということになりますと、生徒さんによって様々です。十分に休んでエネルギーが蓄えられた時に、徐々に自分から動き出し始めることが多いです。

 
「学校へ行かなければならない」ということは、子供自身が一番よく分かっています。そして、本人が一番苦しんでいます。

 

不登校において最大の問題は、そのような孤独で辛い状況にいる子供の気持ちに、誰も寄り添わないことです。勉強が遅れることや、集団生活ができなくなることではありません。

 

まずは、そのことを理解して、苦しんでいる子供の気持ちに共感することが大切です。「辛かったら学校を休んでもいいんだよ」と心から伝えることは、最も効果的な共感になります。

 
できることならば、不登校になる前段階で、そのような共感を子供に対してすることが、状況を良い方向へ向かわせる手助けとなるはずです。

 
また、一日中ゲームやアニメに没頭してしまうのは、それをすることによって、苦しみから離れて何も考えなくていい時間をつくれるからです。子供にとっては、自分自身を守るための、ある種の自己防衛です。

 

「何も考えなくてすむなら、かろうじて今を生きられる」

ある不登校の生徒の言葉です。

 

一方で、私たち大人でも、何か苦しいことがあった時は、あえて仕事に没頭したり、時にはアルコールを飲んだりすることで気を紛らわせたりすることもあるかもしれません。

 

今、周囲の大人に求められるのは、「子供の外見上には見えない、内面にある苦しみを想像する力」ではないでしょうか。

 

 

 

クラビズムに掲載されました!

2015/07/21

 

7月20日発売の、クラビズム2015年8月号に「家庭教師のプロフェッショナル」として掲載されました!

imageimage

親御さんからの質問

2015/07/20

〈質問〉

不登校になっている中学生の子供がおります。子供と接する時に、「出来るだけ共感をしよう、褒めよう」と心がけているのですが、普段からイライラすることが多くて思うようにできません。イライラの原因は、職場での人間関係のストレスなどもあるかと思います。そのうえ、子供に対して思うように共感できない自分にもイライラしてしまい、悪循環になっています。どうすればいいのでしょうか?

 

 

 

〈返答〉

職場での人間関係は、さぞかし大変だろうと思います。本当に毎日お疲れ様です。そして、親御さんの「共感をしよう、褒めよう」の心がけは、とても素晴らしいです。

 
ストレスによるイライラは、人間であれば誰にでもあるでしょう。問題は、それをどのように解消していくかだと思います。ストレスの解消方法は人によって様々なものがあります。

 

まず、「親御さん御自身が、誰かによって十分な共感を得ていないと、子供に対しても共感できない、共感する余裕を持てない」という事実があります。したがって、ここでは「誰かに共感してもらう」という点に重きを置いて、二つの方法をあげたいと思います。

 

一つは、友達とおしゃべりをすることです。聴き上手な友達に、話をできるだけ聴いてもらうことは、十分に共感してもらうことになります。会って話すことが難しければ、電話でもOKです。

 

もう一つは、「不登校の親の会」に出向き、話を聴いてもらうことです。過去に不登校の子供に接した方たちに、親身に話を聴いてもらい共感を得ることは、とても有効でしょう。

 
もし、「初対面で、複数の人達の前で話すのはちょっと。。。」というのであれば、一対一で会ってお話することをお薦めします。(詳しくはホームページ「私たちの取り組み」をご覧ください)

 
子供に共感したり、褒めたりすることは大切ですが、毎日にこだわる必要はないと思います。できる時に少しずつ共感することを心がけてください。

子供が学校へ行かなくなったら❸

2015/07/13

もう一つの根拠として、「学校へ行かなくていいよ」を心からはっきり言い切ることは、苦しんでいる子供にとっての「お守り」になる、ということです。

 

不登校になった子供は、「学校へ行かなければいけない」と十分に理解しているからこそ苦しみ悩んでいます。

 

過去に不登校を経験した多くの人たちは、「みんなが当たり前に出来ていることが出来ないのは自分に原因があるし、学校に行けないのは自分が悪いと感じていた」と話しています。

 
そんな状況で、親に厳しい言葉を浴びせられ、追い打ちをかけられたとしたらどうでしょうか?

 
苦しんでいる子供をさらに追い詰め、「自分は大切な存在ではないんだ」と、自己肯定感を低めてしまいます。

 
一方で、そんな苦しい状況で、「学校へ行かなくていいよ」という心からの言葉がけは、子供に対する最大級の共感になり、自己肯定感を高める言葉がけになります。

 
例えば、毎日学校へ通うことが苦しそうな子供に、「辛かったら学校へ行かなくてもいいよ」と言葉がけしたとします。

 
言葉がけされた子供にとって、「自分は大切な存在なんだ。いざという時は共感してくれる家族がいるから大丈夫だ」と、安心感や余裕が生まれます。

 
その安心感や余裕は、今後不登校になる可能性を低めたり、今までの疲弊した心の回復を助けてくれます。

 
したがって、「学校へ行かなくていいよ」と心からはっきり言い切ることは、子供にとって大切な「よりどころ」になり、「お守り」として子供を不安や苦しみから守る効果があると思います。

 

子供が学校へ行かなくなったら❷

2015/07/06

親が「学校へ行かなくていいよ」と心からはっきり言い切るためには、親自身がその根拠を持っていなくてはなりません。

 
その根拠として、第一に、不登校になった時は学校へ行くことを急かすよりも、まずは子供の心の平穏を取り戻し、心身の健康を取り戻すほうが、結局は不登校の解決を早めることにつながるということです。

 

家でゲームをしたり、マンガを読んだりしている子供の姿を見ると、「十分健康に見えるし、学校ぐらい行けるでしょ」と考える親も多くいるかもしれません。

 

しかし、彼らがそれらをするには理由があります。

 

過去に不登校を経験した多くの人たちが、「ゲームだったりマンガだったり、何かをすることによって、何も考えなくていい時間をつくることができる」と話します。

 

つまり、彼らはゲームやマンガに意識を向けることによって、心が疲弊し非常に辛く厳しい状況から、なんとか生きていける状況へと変えようと努めているのです。

 

「何も考えなくてすむならば、かろうじて“いま”を生きられる」

 
親や周囲の人間はそのことを理解し、まずは子供の心の健康を回復させることを最優先に考えて頂きたいです。

 

次回へ続きます。

カテゴリー別アーカイブ

メイクフレンズ みんなの家庭教師とは みんなのQ&A