充実感

充実感❷

2017/06/10

大切なことは、今回生まれたこの充実感を、次につなげていくことです。

 

例えば、その充実感は、「LINEの宿題を始めたいです」となり、さらなる彼の意欲につながっています。

 

ちょっとした「充実感」から流れが良くなり、悪循環から抜け出すきっかけになったケースは多くありました。

 

みんなの家庭教師としては、毎回お会いする生徒さん達に、少しでも充実感を感じて頂けるように意識して接しております。

 

それぞれの生徒さんに会った時、その日の状態を察知しながら、共感しながら話を聴くこと、勉強を教えることに対するバランスを決定します。

 

彼が今回味わった充実感が、さらに広がっていくように、今後もサポートしていきます!

充実感❶

2017/06/09

先日、中1から中2にかけて、約1年半以上通学できていなかった生徒さんが、久々に定期テストを受けることができました。

 

彼は中学3年になったことで、「もう一度学校へ行こう」という気持ちになり、この4月から通い始めたようです。

 

ただ、学力に関しては、1年半以上のブランクがあるため、これから少しずつと考えていました。

 

ところが、学校に行くようになり、日々の授業が分からないことにストレスを感じているようでした。

 

そのため、週に一度会った時に問題を一緒に解く際も、机をわざと叩いたりするなど、イライラする表情が多く見えていました。

 

そういう時は、「問題解けなくて、本当にムカつくよね」と、彼の苛立つ気持ちを受けとめながら、彼の好きなことに関する話を多くするようにします。

 

そんなふうに、彼の話に耳を傾けていると、表情が変化していくのが見てとれます。

 

指導時間が終了して帰る時に、「今日の前半の時間、イライラしてしまって、すいませんでした」と謝ってくれることもありました。

 

そんな彼が、定期テストを久々に受けて終了した時に、充実感を感じれたそうです。点数はともかく、現時点の力を出し切れたこと、テストを全て受けられたことに対する充実感だったようです。

 

続く。

 

IMG_3302

カテゴリー別アーカイブ

メイクフレンズ みんなの家庭教師とは みんなのQ&A