自宅受験の意義

自宅受験の意義❷

2017/11/01

今回、みんなの家庭教師の生徒で、模試を受験する方の多くは、1〜2年以上の間、試験を受けるという経験をしていません。

 

そのため、自宅受験といえども、「受験する」という決意を固めるまでに、長い時間の葛藤があった様子でした。

 

それゆえ、「受験する」という決断をした時点で、彼らにとっては非常に大きな前進です。

 

石川県総合模試は、受験日の約10日後に結果が郵送されます。

 

一般の生徒たちは、その結果を分析し、残り3カ月を切った私立入試へ向けて、さらに力を入れて勉強に励むことでしょう。志望校へ向けて頑張って頂きたいです。

 

一方で、みんなの家庭教師の生徒たちには、今回の模試の「結果」以上に、模試の受験を決断し、それをやり切ったという「過程」を大きな自信にし、今後につなげて頂きたいです。

 

IMG_6559

自宅受験の意義❶

2017/10/31

次の日曜日に、第4回の石川県総合模試が実施されます。

 

みんなの家庭教師の生徒の中には、今回の模試が初受験という方が数名います。彼らは、会場受験ではなく自宅受験で申し込みをしました。

 

自宅受験とは、その名の通り、住み慣れた我が家で模試を受験することを意味します。

 

石川県総合模試は、何らかの理由のために会場での受験が困難な場合、生徒自身の家で受験することが可能になっています。

 

言うまでもなく、会場受験と同様に、厳正に模試を受けることが求められます。もちろん、自分で時間を計り、制限時間は守らなければなりません。

 

ただし、試験の緊張感という意味では、会場受験のそれと比べると、自宅受験なので比較にならないかもしれません。

 

それでも、今まで長い期間、試験という物にほとんど触れてこなかった生徒にとっては、たとえ自宅であっても、受験することに大きな意味があります。

 

さらに言えば、模試を受験する決断をしたこと自体に、大きな前進があったと言えるでしょう。

 

続く。

 

IMG_4019

カテゴリー別アーカイブ

メイクフレンズ みんなの家庭教師とは みんなのQ&A