家庭教師に求められる役割

家庭教師に求められる役割❷

2017/08/22

当然ながら、全ての生徒に対して、同じような「心のケア」が必要であるというわけではありません。

 

逆境をバネに、反骨心をむき出して、大きな壁を乗り越えていく方もいるでしょう。

 

その一方で、HSCと言われる「とても敏感な子ども」にとっては、安心して自分の気持ちを話せる人に定期的に会うことは、とても重要です。

 

それは、親友や家族、親戚の誰かでも構いません。生徒にとって、「自分の話を丁寧に聴いてくれる人」という感覚を持てるかどうかが大切です。

 

みんなの家庭教師は、生徒の話を丁寧に聴き、「心のケア」もできる家庭教師として、今まで18年間にわたって生徒に接してきました。

 

今後は、その役割がさらに重要性を増していくのではないかと考えております。

 

IMG_1302

家庭教師に求められる役割❶

2017/08/21

家庭教師と聞くと、「勉強を教える人」というイメージがあるのではないでしょうか。

 

もちろん、「勉強を分かりやすく教える」というのは、家庭教師に求められる基本的な部分です。

 

加えて最近は、ご家庭から「子どもの話を聴いてやって欲しい」という要望が増えています。

 

実際のところ、少子化で一人っ子も多く、誰にも相談できずに、悩みを自分一人で抱え込んでしまい苦しんでいる方が多くいます。

 

そのような状況では、勉強に意識を向けることは非常に難しいでしょう。

 

まずは、「心のケア」が十分になされることによって、「勉強に集中できる」「意欲が高まる」といった良い効果につながります。

 

反対に、現在高い学力を持ち、通学できている生徒でも、悩みや不安を友達や家族にも相談できずに一人で抱えこみ、「心のケア」から遠ざかってしまうと大変心配です。

 

そのような状態が長く続いてしまうと、徐々に学校へ行くのが辛くなり、とうとう通えなくなってしまうケースもあります。

 

続く。

 

img_9509

カテゴリー別アーカイブ

メイクフレンズ みんなの家庭教師とは みんなのQ&A