通信制高校について思うこと

通信制高校について思うこと❸

2017/08/25

ところで、通信制高校を卒業後は、どんな進路を選択されている方が多いのでしょうか?

 

通信制高校は、一部の私立の通信制高校のように専門知識や資格取得のサポートをおこなう学校を除けば、あくまで高校卒業を目指すための学校です。

 

実際は、就職をする方よりも、専門学校や大学などの学校へ進学する方が多いようです。その他では、職業訓練校へ入学したり、とりあえずアルバイトをするケースもあります。

 

大学に進学する場合は、通信制高校の勉強だけでは不十分ということもあり、予備校や塾などに通う方もいます。

 

しかし、「いきなり予備校や塾へ通うのは、ちょっとハードルが高いです」と、みんなの家庭教師に相談をされる方もいます。

 

過去には、みんなの家庭教師とマンツーマンで、ある程度の基礎力をつけてから、予備校などへ通う事例もありました。

 

確かに、大学や専門学校を卒業することで、職業の選択肢も広がり、求人の枠も広がるでしょう。

 

ただし、大学にしろ専門学校にしろ、毎日通学して勉強をしなければ卒業できませんし、その先の就職もありません。

 

したがって、大学や専門学校を本気で目指すのであれば、通信制高校に通う間に体調を整え、受験への準備をしっかり行うことが大切です。

 

IMG_4447

通信制高校について思うこと❷

2017/08/25

近年は、様々な特徴を持った通信制高校が増えています。

 

「近い将来、大学へ進学するために勉強したい」という生徒が集まる学校もあれば、「あまり勉強したくないけど、とりあえず高校の卒業資格を取りたい」という生徒が通いやすい学校もあります。

 

いずれにせよ、生徒にとって選択肢が増えたことは、非常に歓迎すべきことだと思います。

 

また、全日制高校に入学したけれど、いろいろな事情から通い続けることが困難になってしまい、苦しさや悩みを抱えながら、通信制高校に編入する方もいます。

 

そのような生徒にとっても、もう一度自分を見つめつつ、自分の将来をじっくりと考えながら高校卒業を目指せることは、大きな利点だと言えるでしょう。

 

続く。

 

IMG_3646

カテゴリー別アーカイブ

メイクフレンズ みんなの家庭教師とは みんなのQ&A