生徒たちを繋ぐ役割

生徒たちを繋ぐ役割❷

2017/10/08

一方で、中学3年生の中には、思い通りに学校へ行けないことで、高校受験を心配し、気持ちが不安定になる方もいます。

 

「もう、オレの人生は終わった〜」「(全日制高校行きたいけど)どこにも行くところないわ〜」と、ある男子は会うたびに叫んでいます。

 

ところで、今年の3月まで、みんなの家庭教師が訪問していた生徒さんで、現在高校1年生の男子がいます。彼は、中学3年間のほとんどの期間、学校へ行けませんでした。

 

しかし、彼は全日制高校を受験することを決めて、短期間ですが受験勉強し合格しました。そして、入学して半年経った現在も継続して通学できています。

 

彼が入学した高校は、中学時代に不登校だった生徒が比較的多く通っていて、その先生方も十分に生徒たちをサポートできているようです。

 

そのため、近いうちにメイクフレンズの一環で、お互いの了承を得た上で、その中学3年の生徒が、この高校1年の生徒と会う機会を作りたいと考えております。

 

境遇も年齢も近い同年代の生徒に会うことは、精神面で大きな助けになることが期待できます。

 

加えて、高校のホームページや体験入学から知られる情報とは違った、新しい情報も得ることができるでしょう。

 

みんなの家庭教師は、今後も様々な形でメイクフレンズを実行し、「生徒たちを繋ぐ役割」を担っていきます。

 

IMG_2814

生徒たちを繋ぐ役割❶

2017/10/06

みんなの家庭教師が担当する生徒の中には、通信制高校に通う方が何名もいます。その中で、学年は違うのですが、女子生徒2名が同じ高校に在籍しています。

 

ところが、同じ高校であっても、それぞれ通学する曜日や時間帯が違うために、彼女らは会って話をしたことが一度もありませんでした。

 

そこで、メイクフレンズの一環で、二人が知り合って会話をできるような環境を何とか作りたいと、以前から考えておりました。

 

そして、先日、その絶好の機会が訪れました。

 

その通信制高校は体育の授業の一つとして、定期的にボーリングを行うため、その会場で二人が出会う機会を提案したのです。

 

事前に、みんなの家庭教師を通して、お互いの名前や顔写真を知り、二人が使っているカバンの色や特徴までも確認しました。

 

それでも、二人とも人見知りということもあり、話しかけられずに終わってしまう可能性も想定していました。

 

しかし、結果的に彼女らは会うことができて、連絡先も交換できたようです。

 

その日の夜、「めっちゃ優しくて話しやすい子だった」「これから学校へ行きやすくなった」「何より学校に友達ができたことが本当に嬉しかった」など、二人の嬉しそうなメールが届きました。

 

彼女たちからの、このようなハッピーメールは、非常に幸せな気分にさせてくれます。

 

続く。

 

IMG_5727

カテゴリー別アーカイブ

メイクフレンズ みんなの家庭教師とは みんなのQ&A