背中を押すこと

背中を押すこと❷

2017/04/15

いくつもある学校の中から自分が行きたい学校を見つける時、どんな手順を踏めば良いのでしょうか?

 

第一に、それらの学校のホームぺージを検索して、パンフレットなどの資料を取り寄せます。第二に、関心がある学校があれば、そこへ見学に行きます。

 

それに加えて、みんなの家庭教師では、過去に通っていた生徒さんや、現在通っている生徒さんの生の声を集めたり、進路に関する教育相談も承っております。

 

生徒さんにとって、自分の話を誰かに丁寧に聴いてもらうことは、頭の中が整理されるのに役立ちます。

 

頭の中が整理されれば、行きたい学校が見つけやすくなったり、もともと自分の中に存在していた答えが明確になりやすくなるでしょう。

 

結果的に、生徒の「背中を押すこと」になり、生徒自身の決断につながります。

 

IMG_2464

背中を押すこと❶

2017/04/14

先月の末に進路に関して、初対面の生徒さんと話をする機会がありました。

 

その生徒さんは、通学していた全日制高校を辞めて、次にどのような選択をすれば良いか迷っていました。

 

そのため、次の一歩をどのように踏み出すべきかについて、第三者の意見を参考にしたいとのことでした。

 

最初に、生徒さんのそれまでの経緯を伺いました。その後、通信制高校や高校認定試験に関する情報を伝えながら、様々な生徒さんの事例も含めて、2時間ほどお話をさせて頂きました。

 

それから2週間近く経過した今日の午前中に、その生徒の親御さんから連絡がありました。

 

「ついに、子供が勇気を出して自分自身で決めた進路に進むことになりました。先日、会って頂いた際に、背中を押して頂いたおかげです。ありがとうございました」とのことでした。

 

現在は、一昔前に比べると、通信制高校だけをとっても非常に多くの選択肢があります。多くの選択肢があるということは、生徒たちにとって大変幸せなことです。

 

その反面、選択肢が豊富であることが災いして、迷いが生じてしまう生徒も少なくありません。

 

続く。

カテゴリー別アーカイブ

メイクフレンズ みんなの家庭教師とは みんなのQ&A