フリースクールとの連携

フリースクールとの連携❸

2017/09/11

さらに今後は、フリースクールという受け皿を増やす一方で、みんなの家庭教師のように、フリースクールに来れない生徒を訪問して、一対一で関わり、話を丁寧に聴くことができる存在を増やしていくことが求められます。

 

学校に通えず、フリースクールにも通えず、誰にも気持ちを伝えられず、一人で悩んでいる生徒たちは、日本全国に多くいることでしょう。

 

彼らを訪ねて、彼らの気持ちに寄り添い、ありのままを認め、彼らの自己肯定感を考慮できる存在を増やす必要があります。

 

その存在が増えることは、元気になってフリースクールに通える生徒が増え、結果的に生徒にとって将来の選択肢が増える大きな原動力になるのではないでしょうか。

 

image

フリースクールとの連携❷

2017/09/09

みんなの家庭教師が接する生徒は、「フリースクールという場所へ行くのはハードルが高いけど、一対一ならば会ってもいいかな。。」という方が多いです。

 

みんなの家庭教師のような第三者と一対一で会い、話を聴いてもらううちに、少しずつ生徒に変化が見られるようになります。

 

例えば、外出する機会が以前と比べて増えたり、最近会っていなかった友達と遊ぶようになったり。

 

また、元気になって気持ちに余裕が生まれると、進路について考えたり、勉強に意識を向けられるようにもなってきます。

 

こうして、ある程度元気になった生徒の同意を得たうえで、時期を選んでフリースクールへ一緒に行く試みもおこなっております。

 

それをおこなう理由は、家庭教師のような一対一の空間だけでなく、フリースクールのように複数の人間がいる場所へ時々連れていくことで、同年代との繋がりも生まれやすくなるからです。

 

このように、フリースクールと連携することにより、生徒にとって家庭教師の良さを知ると同時に、フリースクールの良さも知ることができるメリットがあります。

 

つまり、環境の変化にとても敏感な生徒(HSC)で、複数の生徒が集まるフリースクールのような場所が苦手であったとしても、一対一で家庭教師に会いながら、違う環境に少しずつ慣らしていくことが可能になるのです。

 

続く。

 

image

フリースクールとの連携❶

2017/09/07

金沢市内には、現在3つのフリースクールがあります。

 

「ワンネススクール」に加えて、「フリースクールIRORI」や「リスタ金沢」といった二つのフリースクールが、この一年間で発足しました。

 

それに伴い、学校に通えない生徒の受け皿は増え、当然ながら選択肢も増えたかのように思われました。

 

しかし、学校へ通えない生徒の多くが、すぐにフリースクールへ通えるようになるかというと、そうではないようです。

 

学校に通えずにいる生徒の中には、「今はまだ誰にも会いたくない」という時期の方や、集団生活そのものが苦手な方もいます。

 

そのため、フリースクールへ見学に行ったとしても、その見学の段階で止まってしまい、定期的にフリースクールへ通うに至っていないケースも多くあるようです。

 

加えて、フリースクールへ通うとなると、毎月支払う費用が発生し、経済的な負担がかかります。

 

ある親御さんからは、「通わせたいけど、うちの場合は金額的に難しいです。補助金が出れば。。」という声も聞きます。

 

続く。

 

image

 

 

IMG_4723

 

IMG_2631

カテゴリー別アーカイブ

メイクフレンズ みんなの家庭教師とは みんなのQ&A