『メイクフレンズ』〜同年代との交流〜

今回のメイクフレンズ

2017/05/04

ゴールデンウイーク真っ只中、中学1年の男子と小学5年の男子がメイクフレンズを通して会い、楽しい時間を過ごしました。

 

中1のりく君(仮名)は、小5のまさと君(仮名)と会うことを、数日前からとても楽しみにしていた様子でした。

 

驚いたことに、ここ数ヶ月間ずっと昼夜逆転だった彼が、今朝は朝6時に起きて、メイクフレンズの時間を待っていたそうです。

 

二人が会って一緒に過ごした時間は、午前11〜12時までの60分間。二人にとって、時間はあっという間に過ぎていったようでした。

 

最初の数分間こそ緊張していた二人でしたが、すぐに打ち解けて、お互い飼っている犬の話をしたり、二人が好きな共通のゲームをして楽しい時間を過ごしました。

 

最後に、印象的だった場面を一つ。

 

別れ際に、先に靴を履いたりく君が、今から靴を履こうとしているまさと君に対し、「はい、どうぞ」と言って、履きやすいようにさりげなく靴を揃えて出してあげた動作は、とても微笑ましく、まるで弟を気遣う兄のような光景でした。

 

ちなみに、りく君は男三人兄弟の末っ子で、弟が欲しかった影響もあって、犬(ポメラニアン)を去年から飼い始めたそうです。

 

この良き出逢いが、二人の人生に良き変化をもたらしますように。

 

image

二人の絆

2017/04/04

去年の今頃、メイクフレンズで友達になった女子二人が、今年同じ高校を受験し合格しました。

 

そして、その二人は、今週末の入学式を前に、先週二人で東京へ遊びに行ったそうです。

 

そのことは親御さんからの連絡で知ったのですが、親御さんの嬉しそうな声を聞きながら、メイクフレンズで二人を繋げることができて本当に良かったと思いました。

 

二人だけで東京へ向い、そして金沢へ帰る道中、おそらく様々なことがあったのではないでしょうか。

 

それらを経験して、彼女らの絆はより深まったのではないかと勝手に想像しています。

 

二人の高校生活において、互いの存在が支えになるのであれば、きっと心強いでしょう。

 

いつの日にか、成長した二人に再会することが楽しみです!

 

image

新しいメイクフレンズ

2017/04/03

みんなの家庭教師では、勉強を指導するだけでなく、「メイクフレンズ」を通して同年代の生徒さん達と交流できる機会も作ってきました。

 

メイクフレンズとは、簡単に言えば、「友達作りのお手伝い」です。

 

しかし、みんなの家庭教師だけでは、生徒さんの人数がどうしても限られているので、「一人一人にふさわしい生徒さんを、ピンポイントでご紹介しにくい」というのが現状でした。

 

そのため、今回、フリースクール「IRORI」のご協力を頂き、「IRORI」の生徒さん達とも交流できるようになりました。

 

したがって、今までよりもご紹介できる生徒さんは増えると予想しております。

 

メイクフレンズは、基本的には一対一の交流ですので、生徒さん同士が仲良くなってしまえば、「いつ」「どこで」会うかは自分たちで自由に決めることが可能です。

 

今後は、IRORIだけではなく、ワンネススクールなど他のフリースクールにもご協力を願う予定です。

 

image

『メイクフレンズ』〜同年代との交流〜❷

2016/06/02

それでも、学生時代は全日制の学校に通い続けることができなくても、通信制に転校して、主に家で勉強できる環境に変更することが可能です。そのため、学校を卒業すること自体にはそれほど大きな支障はないかもしれません。

 

しかし、「今までは家で一人勉強していたけれど、新たに入学した高校や大学では、新しい友達をつくり、キャンパスライフを楽しみたい」という声が現実に多くあります。新しい環境下でのコミュニケーションに対する彼らの不安を緩和し、学校生活を望み通り満喫できるようになることは、将来社会人として組織で働くことを考えた場合においては、大きな意味があります。

 

生徒の中には、「複数で会うのはしんどいけど、一対一なら話せる」「違う学校の人だったら気楽に話せる」と言う方も多くいます。そこで、「メイクフレンズ」を通して、彼らが一対一で会って話をしたり、勉強したり、遊んだりできる機会を得ることで、同年代への接し方に対する彼らの不安を、ある程度は緩和することができると考えております。

 

実際に、ここでの交流がきっかけで「不登校になる前に付き合っていた友達との交流が復活した」「参加するかどうか迷っていた修学旅行に行けるきっかけになった」という事例がありました。

 

 

image

『メイクフレンズ』〜同年代との交流〜❶

2016/06/01

みんなの家庭教師では、「メイクフレンズ」を通して、同学年や同年代の交流をサポートしております。「メイクフレンズ」とは、社会性を高めることを目的とした、同学年や同年代の生徒が一対一で話したり、遊んだりできる機会のことです。

 

学校に通えなくなった後、心配されることの一つが学力の低下です。もう一つは、友達との交流が途絶えてしまったり、少なくなったりすることによる社会性の低下です。

 

まず、学力に関しては、家庭教師などを利用して学力をつけ、自分に応じた高校や大学に進学することは十分可能です。実際のところ、学校に通っていても学力の低い生徒がいる一方で、不登校でも平均以上の学力を持つ生徒も多くいます。

 

また、社会性に関しては、不登校を経験して高校や大学に入学した後で、学校に通いにくくなる場合があります。その理由の一つは、同年代の人間とのコミュニケーションに慣れていないことです。長く遠ざかっていた友達との交流が、久しぶりの学校生活に大きなギャップを与えてしまうのです。

 

 

image

カテゴリー別アーカイブ

メイクフレンズ みんなの家庭教師とは みんなのQ&A