いったん受けとめること

いったん受けとめること❷

2017/07/29

例えば、お母さんが子どもに何か欲しい物をねだられ、それが非常に高額な商品のため急に買うことができない場合、どうすればいいでしょうか?

 

その場面で、「そんな高い物、買えません。あきらめなさい」と伝えてしまうこともあるかもしれません。

 

一方で、「とても欲しいんだよね。ちょっと今は高くて買うことできないけど、いつか買えるように少しずつお金貯めていこうか。お母さんも協力するから」と伝えたらどうでしょうか。

 

もちろん、買ってもらえなかったことに対する残念な気持ちや不満は残るでしょう。

 

それでも、子どもには「お母さんは自分の気持ちを分かってくれた」という感触も残るはずです。

 

このように、子どもの希望通りの結果にならなかったとしても、子どもの気持ちを「いったん受けとめる」こと、共感することは、特にとても敏感な子ども(HSC)との関わりにおいて、非常に重要だと考えております。

 

こういった毎日の関わりの積み重ねが、子どもの自己肯定感にも影響を与え、ひいては将来の自立にも影響を与える可能性があるのではないでしょうか。

 

IMG_3949

いったん受けとめること❶

2017/07/29

「途中計算書くのって、面倒くさい!」とか、「この計算、難しいな〜」などと言った言葉は、勉強を教えている時に生徒からよく聞く言葉です。

 

その時に、「文句を言ってはダメです。途中計算を書かないとミスしやすくなるから書きなさい」や「計算は慣れだから、とにかく沢山の問題を解けば大丈夫だよ」などと、つい言ってしまいがちです。

 

それは正論であり、決して間違いではありません。

 

間違いではないのですが、そういった正論を伝える前に、「いったん生徒の気持ちを受けとめること」が大切です。

 

「確かに、途中計算書くのって、面倒くさいよね」「この問題って、本当に難しいよね」と、生徒の気持ちをいったん受けとめます。

 

生徒の立場で考えると、最初に自分の気持ちが受けとめられ共感してもらえたことによって、相手の言葉に耳を傾けやすくなります。

 

続く。

 

IMG_3550

カテゴリー別アーカイブ

メイクフレンズ みんなの家庭教師とは みんなのQ&A