活動報告

通学できなくなったら。。❻

2019/06/03

ある程度回復すれば、徐々に今後について考えることができます。

 

選択肢に関しては、「学校復帰の選択」だけにこだわらず、最寄りの適応指導教室、フリースクールなどの居場所を選択に入れて考えるのが良いでしょう。

 

重要なのは、早期の学校復帰を意識し過ぎず、「近い将来の自立に向けて、どのようにステップを踏んでいくか?」という観点で考えることです。

 

最後に、高校受験に関して触れておきます。通学できなくなった後、出席日数について気にされる親御さんは少なくありません。

 

実際のところ、出願倍率の高い公立高校においては、3月に実施される学力検査が高得点だったとしても、出席日数(特に中3の時)の状況を合否の判断材料とされる可能性は高いです。

 

さらに言うと、人気の公立高校のいくつかでは、別室登校やフリースクールへの通学で出席日数が十分でも、実力テストや定期テストの成績の有無、体育などの成績(授業に出ていないと評価が低い)といった内申点からも総合的に判断されるようです。(過去にそのような事例がいくつかありました)

 

一方で、出願倍率がそれほど高くない公立高校に加えて、私立高校の多くは、それほど出席日数などの内申点を重要視していません。

 

したがって、中学時代にほとんど通学できていなくても、学力検査で合格基準点を満たせば合格できるようです。事実、みんなの家庭教師の生徒たちが毎年合格し、入学しています。

 

例えば、現在不登校である中3の生徒で、近い将来に大学などの進学を考えている場合、まずは確実に私立の進学校に専願で入学するのも一つの方法です。

 

『来年の高校受験までは1年もないけど、大学受験までは4年近い時間がある!』

 

そんなふうに考えて、高校入学以降、少しずつ学力をつけて大学進学を実現した生徒も多くいます。

 

やはりここでも重要なのは、「近い将来の進学に向けて、どのようにステップを踏んでいくか?」という観点で考えることではないでしょうか。

 

IMG_3439

メイクフレンズ

カテゴリー別アーカイブ

メイクフレンズ みんなの家庭教師とは みんなのQ&A