活動報告

通学できなくなったら。。❹

2019/05/30

次に「子どもへの具体的な対応」について。

 

ゴールデンウィーク明けに通学できなくなった場合、どのように対応すればいいのでしょうか。

 

まず、高校生の場合は、出席日数が学校によって定める基準に満たないようであれば、進級できなくなってしまいます。

 

とは言っても、まだ5月ですので、6月いっぱいは生徒の様子を見る必要があります。

 

当然ながら、通学できなくて一番苦しんでいるのは生徒自身です。急かさず、あれこれ言わずに、そっと見守ることが重要です。

 

そして、全日制高校の多くは、6月下旬に定期テストがありますので、そのテスト期間に通学できるかどうかが一つの目安になります。

 

もし、6月の定期テストを過ぎて7月に入っても通学できないようであれば、生徒本人と今後について考え、決める必要があります。

 

選択肢として一つは、現在の高校での卒業にこだわるのであれば、とりあえず9月以降も通学を試みること。それでも難しいようなら、とりあえず今年度は休学をして、来年度の再チャレンジを目指すこと。

 

もう一つは、夏休み中に手続きをして、9月以降は通信制高校の後期に転入し、早い時期での高校卒業を目指すこと。

 

その他には、高校を卒業することにこだわらず、高校認定試験を受験して合格し、近い将来の専門学校や大学受験への進学を目指すこと。

 

いずれにしても、生徒本人と親御さんでしっかり話し合い、最終的には生徒自身で決断することが一番大切です。

 

続く。

 

B5B63063-BBCE-4FEF-A440-69DF201CA5F2

 

 

 

 

 

メイクフレンズ

カテゴリー別アーカイブ

吐露カフェ メイクフレンズ みんなの家庭教師とは みんなのQ&A