みんなの居場所

『みんなの居場所』いよいよオープンです!

2018/07/12

「みんなの居場所」に、ようやくWi-Fiが開通しました!

 

Wi-Fiが開通したことで、ついに来週17日の火曜日にオープンすることが決まりました。ただ今、予約受付中です。

 

みんなの居場所は、完全予約制になっており、利用するためには前日の夜までに予約をして頂くことが必要です。

 

みんなの家庭教師の生徒でなくても利用可能ですが、事前に一度お会いしてお話をさせて頂くことになっております。

 

利用料金は2時間300円、利用できる曜日・時間帯は、月曜から木曜日の午前10時から夕方ぐらいまで。週によっては、金曜日や土曜日も利用可能になる予定です。その都度、ホームページで前もってお知らせします。

 

また、どなたでも初回は無料体験となっておりますので、ぜひ一度ご利用ください!

 

みんなの居場所

【場所】金沢市笠市町10-9

【営業時間】午前10時〜夕方(主に月曜日〜木曜日)

【利用料金】2時間300円

【備考】備え付けのタブレットをご利用の際、イヤホンが必要です。イヤホンを持参頂くか、その場でイヤホン(700円)を購入して頂くことも可能です。

 

E270CBF5-6433-466B-9BD9-D6A22658CE7C

みんなの居場所❻

2018/06/25

今までは、みんなの家庭教師として、生徒と一対一で向き合い、話を丁寧に聴いたり、学力をつけようと努力してきました。

 

それに加えて、みんなの居場所では、ここに通いつつ、他の生徒数名の中に身を置くことによって、それぞれのペースで体力や気力を養うことが可能です。

 

何より、「家では孤独だったけど、ここでは孤独ではない」と感じることが出来た瞬間が、近い将来の自立へ向けた本当の第一歩になるはずです。

 

元気になられた方の話に耳を傾けると、「ふとしたこと、ひょんなこと」から良い方向へ向かうケースがあります。

 

それは、人との会話だったり、誰かの素敵な言葉だったり、美しい景色だったり。または、一冊の本や一つの曲だったり。

 

みんなの居場所へ来るまでの時間、ここで過ごす時間、そして家までの帰る時間のどこかに「ふとしたこと、ひょんなこと」がありますように。

みんなの居場所❺

2018/06/23

みんなの居場所では、フリースクールや他の居場所のように、他の生徒と活動を共にするわけではありません。それぞれが座りたい席に座り、そこで思い思いの時間を過ごします。

 

それは、この居場所で「何をするか?」ということよりも、ここを定期的に通って頂くこと自体に重きを置いているからです。

 

最も重要視していることは、この居場所に身を置くことによって、「(孤独なのは)自分だけじゃないんだ」と感じて頂くことです。孤独感が少しでも改善されれば、さらに外へ出やすくなるはずです。

 

また、家から外へ出るのが簡単ではない方にとって、他の居場所で複数の人たちと活動を共にすることは、体力面や精神面で非常にハードルが高いと言えます。

 

まずはファーストステップとして、この居場所に通うことで体力と精神の両面で少しずつ力をつけること、それが全ての活動の土台になることは言うまでもありません。

 

そして、ここである程度の土台ができたら、フリースクールや塾、予備校などの次のステップへ進んで頂きたいと考えております。

 

みんなの居場所は、次のステップのための通過点として存在しているのです。

 

続く。

みんなの居場所❹

2018/06/21

「みんなの居場所」は、金沢駅から徒歩8分の立地にあり、非常に通いやすい場所です。

 

その居場所では、最大6名が過ごせます。

 

人目を気にせずに過ごせるよう、大きな仕切りで覆われた空間が2つあり、それぞれ一名ずつが過ごせます。加えて、図書館の自習室で見られるような、仕切りのついた机では四名が利用できるようになっております。

 

静かに過ごすのであれば、基本的に何をしてもOKです。マンガや本を持ち込んで読むのも良いですし、Wi-Fi完備なのでインターネットもできます。もちろん、快適に勉強もできます。

 

また、小学生新聞や中高生新聞が置いてあるので、気軽に活字を読むことも可能です。さらに、スマホを持っていなくても、部屋に備えてあるタブレットを利用できます。もちろん、自習をしたい人は、筆記用具や紙なども自由に使うことができます。

 

したがって、特に何かを持って来る必要もなく、気軽に訪れて時間を過ごすことができます。

 

完全予約制になっており、利用時間は、平日と土曜を中心に午前10時〜夕方頃まで。料金は2時間300円を予定しています。

 

続く。

みんなの居場所❸

2018/06/20

例えば、高校から再び毎日通学しようと考えた場合、筋肉や内臓の力という意味での「体力」は不可欠です。これに関しては、日頃から少しずつ体を動かそうとする意識が求められます。

 

それと同時に、他の生徒たちと接していく上での「精神的な力」も必ず必要になります。「孤独感・孤立感」を強く感じていると、朝から夕方まで教室にいるだけで非常に疲れてしまい、継続して通学することが難しくなってしまいます。また、人目が気になったり、無力感を感じてしまいがちです。

 

みんなの家庭教師として、これまでは「学力」をつけることを中心に、丁寧に話を聴いたりと心のケアも行なってきました。

 

確かに、高校に合格させることだけを考えるのであれば、それで良いのかもしれません。

 

しかし、合格した高校をしっかり卒業して、近い将来の自立につなげようと考えた時、新たなサポートが必要だと強く思いました。

 

続く。

みんなの居場所❷

2018/06/18

家で過ごしている時に、彼らが感じてしまうのが、「孤独感・孤立感」です。「学校へ行けないのはオレだけだ」と思い込んでしまいやすいのです。

 

そこで、彼らはそれらから逃れるためにゲームや動画に没頭したり、昼夜逆転になったりします。自分を守るためです。

 

それを止めさせようとする周囲の大人もいるのですが、好きなことに没頭することで、自分を防衛しているのですから、その時期には必要な行為であると思います。

 

むしろ、そこを通らないことには適切に回復しない、元気にならないということは、今までの多くの生徒たちを見て疑いなく言えます。心配されるゲーム依存は、また別の問題です。まずは没頭できる環境を整えることこそが、回復への最短距離になります。

 

次に、長期間を家で過ごすことで発生する問題の一つが、「体力の低下」です。

 

子ども自身が、ふとした瞬間に体力が低下したと実感した場合、それに失望してしまい、精神の力にも悪影響を及ぼすことも多いです。

 

続く。

みんなの居場所❶

2018/06/17

「みんなの居場所」が、来月上旬にオープン予定です。

 

フリースクールでもない、適応指導教室でもない、新しい居場所としてただ今準備中です。これから数回にわたって、この居場所についてお伝えしたいと思います。

 

最初に、みんなの家庭教師の生徒について触れておきたいと思います。みんなの家庭教師の生徒たちの多くは、とても敏感で繊細な気質を持っています。

 

例えば、家庭教師の授業をキャンセルする理由にも特徴があります。この一か月間で見ても、次のような事例がありました。

 

「さっき、家の台所にゴキブリが出たから(気分が悪くなり)、今日は授業をお休みしたいです」
「ゴールデンウイークに兄が帰省したので、生活リズムが狂ってしまい体調が良くないのでお休みします」

 

「そんな理由で授業を休むなんて。。」と思われる方は多いかもしれません。

 

ところが、敏感ではない人にとっては些細なことでも、彼らにとっては大問題なのです。

 

そんな彼らは、学校へ行けなくなった後、昼間の時間のほとんどを家で過ごしています。フリースクールや適応指導教室にも通えない生徒が多くいるのが現状なのです。

 

続く。

カテゴリー別アーカイブ

メイクフレンズ みんなの家庭教師とは みんなのQ&A